不動産投資と暮らしの情報サイト

100均で部屋の小物作り!ペーパーホルダーやクッション、ラグを安く簡単に作ろう!

433 views 2016.1.28

100円均一のショップは、あなたの居住地の近くにもあるでしょう。

日常生活において切り離せないもの。

お世話になっている人も多いでしょう。

今や100均では、日常生活に必要なものは何でも揃います。

100均で購入したものを利用して、安価に部屋をカスタマイズしてみませんか。

こんなものまで作れるんだ!と感激するものもありますよ。

100均のものを利用すれば、安価なので飽きたらすぐに作りかえることも可能。

100均グッズを利用してオリジナリティあふれる住空間を作り上げましょう。

 

ランチョンマットでトイレのペーパーホルダーを

743e5baaa1a20fd627a3d24f320532a8_m

好みのランチョンマットを見つけたら、ペーパーホルダーを作りましょう。

トイレットペーパーの幅に合わせて筒状に留めて、ペーパーホルダーが簡単に完成しますよ。

作り方は簡単。

まずはランチョンマットをトイレットペーパーがすっぽり入る幅に合わせて折ります。

接着させる部分に熱接着シートを貼り付けます。

熱接着シートを貼った部分を合わせて、さらにその上からアイロンで接着します。

壁につるす場合には、目打ちをしてハトメをつけます。

ハトメを2つつけて麻のひもを通せば完成。

ハリや糸を使わないので本当に手軽。

後は、フックに掛けたらお終い。

既製品とは違い味があるペーパーホルダーの出来上がりです。

 

タンクトップでクッションを

1d12615441beacc8e39ab384b42da2ba_m

シンプルなクッションが欲しいなら、100均で売られているタンクトップを利用しましょう。

タンクトップに布用の接着テープとバイヤステープがあれば簡単に作れます。

タンクトップの肩部分を内側に折り込みましょう。

アイロンを使って折り込めば簡単。正方形になるところを熱粘着テープで留めます。

これでクッションのカバーになりますよ。

ただし、このままではそっけなさすぎます。

バイヤステープを使って模様をつけましょう。

縦に2本バイヤステープの模様をつければオシャレなクッションカバーとなりますよ。

クッションカバーの中に綿を入れます。

このとき、ふかふかのクッションにしたいなら、たくさんの綿をつめます。

既製のクッションを使ってももちろんOKですよ。

 

ブランケットをラグに

cbd277abae3e35a5b0cdd89735846199_m

ブランケットを使って部屋のアクセントになるラグを手作りしましょう。

色の異なるブランケットを用意します。

ここではボーダーのラグを作る場合を紹介します。

2枚のブランケットを縦方向に6等分にカットしましょう。

カットしたブランケットはボンドで貼り合わせていきます。

色の組み合わせ次第でセンス良く仕上がるので、配色のバランスが大切なポイントです。

フリー筋のブランケットはラグにしても肌触り抜群です。

2枚のブランケットを使っただけでも結構な大きさになりますが、さらにブランレットを買い足せばもっと大きなラグが作れますよ。

肌触りの良い布は、生活に安らぎを与えてくれます。

100均では手芸用品も多数販売されています。そこで売られているフェルトを使えば、簡単にコースターが出来上がります。

自由に切り貼りできますし、布用ボンドを使えば、不器用さんでも簡単。

鮮やかな色を選べばポップなコースターが完成しますよ。

布製品を使って使い勝手の良いファブリック、オリジナルあふれるファブリックを作りましょう!

若林 愛美

ライター若林 愛美

若林 愛美の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!