不動産投資と暮らしの情報サイト

インターネットを利用しよう!儲かる投資用物件を探す4つの方法

253 views 2016.1.28

インターネットで投資用物件を探す時の大まかな流れ

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_m

投資用不動産を探す時は、さまざまな不動産の販売情報を提供しているインターネットの不動産情報サイトが役に立ちます。

地域・間取り・販売価格など、さまざまな条件を入力して、好みの物件を探すことができます。

投資用の物件を探す時は、大まかな物件検索を行った結果を、さらに詳細なチェックをして絞り込みます。

その後、家賃相場と比較して、十分に利益が出るような物件を購入するようにします。

では、具体的な手順を見て行きましょう。

 

投資用の物件を購入するエリアを決める

自己資金のみで不動産を購入する場合は、全国どこにある物件でも購入することができますが、ローンを利用する場合は、融資してくれる銀行のある地域の物件しか、購入することができません。

縁も所縁もない場所にある銀行が、いきなり融資してくれる確率は極めて低いので、ローンを利用するのであれば、自分が住んでいる地域の物件を探すようにしましょう。

もっとも、居住地から遠い場所にある物件は、行くのに交通費が掛かったり現地の様子が良く分からないので、資金が十分にある場合でも、不動産投資の初心者は、住んでいる地域の物件を購入した方が良いでしょう。

そして、いざという時に現金化しやすいように、都市部の物件を探すべきです。

 

物件の絞り込みを行う

20c2d9831cf298a5195f78bbcf00f8e4_m

不動産情報サイトで、地域・物件種別・価格・築年数25年以内・駅15分徒歩以内を選択して、検索を行います。

検索結果の数が多いようであれば、さらに条件を厳しくして、絞込みを行います。

あまり古い物件は、購入後リフォーム費用が必要となりますし、最寄りの駅から遠過ぎると、借り手がなかなか決まらない可能性があります。

さらに、いろいろな絞込みも可能ですから、自分なりの判断で検索を行うことで、他の人が見落としていた、優良物件を見付けることもできるでしょう。

 

物件の詳細な内容をチェックする

絞り込んだ物件を、一つ一つ見て行きます。

建築構造・占有面積・間取り・月々の管理費などをチェックして行くと、物件の特徴が理解できることでしょう。

注意書きも、きちんと読んでおかなくてはなりません。

再建築不可の物件であったり、家賃が滞納していることもあります。

そのような情報を見落としてしまうと、順調だったはずの投資計画が、大きな危機を迎えることになるでしょう。

分からないことは自分で調べたり、物件の販売を担当している会社に聞いてみるなど、するようにしましょう。

 

家賃相場をチェックする

8af483ae3d886452c00896e34074f31e_m

今度は、不動産情報サイトの賃貸物件用のものを利用します。

購入を検討した物件と、できるだけ同じ地域で同じ条件の賃貸物件を探します。

地域・建築構造・占有面積などを入力して出て来た結果を、良く見てみましょう。

この家賃が、購入予定の物件から毎月得られる収入となります。

毎月家賃収入と、購入費用などを検討して、十分に利益を上げられる物件を購入するようにしましょう。

三田 照正

ライター三田 照正

三田 照正の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ビジネスのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!