不動産投資と暮らしの情報サイト

ガーデニングは土で決まる!ガーデニングの命である土の選び方と防寒対策

151 views 2016.1.28

植物の命でもある土の選び方

3e2cfc1c98933e8880c53f1271791313_m

植物得を育てるのには土が一番大事です。

土が痩せていると育つ物も育たなくなります。

土の質によっても、向き不向きの植物もありますので、注意が必要です。

この土選びこそがきれいな花を咲かせたり、大きく野菜を育てたりすることができます。

逆言えば、初心者でも、土選びを間違えなければ立派な花や野菜を育てることができるということです。

土には意外な働きをしていることをご存知ですか。

水をやったあとに、土が栄養素や水を蓄えることができます。

蓄える能力が大きければ大きいほど、優良な土ということです。

植物は、土にある栄養素や水を吸い上げて大きく成長しています。

土は外敵のバリアとなり植物を守っています。

土自体が保温性があり、植物にあった温度をある程度は保てるようになっています。

最後に、植物が、強風などで倒れないように土がカバーしています。

 

 

植物にあった土というのがあります。

8341575b6d05d35df68f816b61078d8f_m

同じ土でも植物ごとで、必要な栄養素が変わってきますので植物あった土を入れることが大事です。

植物が育つかどうかは土で変わってきます。

それぞれの植物にあった専用培養土というのがあります。

専用培養土は、指定の植物を育てる上で最適な西洋を持った土が配合されています。

例えば、トマトを育てたいと考えている時には、トマト専用の培養土が売られていますので、それを使うと初心者でも立派なトマトを育てることができます。

今からどんな植物を育てたいのかで変わってきますので、土を買うときには何を植えたいかをはっきりとさせておいたほうがよく育ちます。

おすすめの専用土というのがありまして、初心者に超オススメなのがゴールデン粒状培養土です。

初心者がいっちばん間違え安いのが水の遣りどきです。

どうしても初心者の場合は水をやりすぎるところがあります。

水の遣りすぎは逆に植物によくありません。

ゴールデン培養土の場合は、水の遣りどきというのが一目瞭然です。

土を手に取ってみてさらさらになり土が手に残らないときは、水をやらなければいけません。

あとは、育ち始めると、普通の土とゴールデン培養土では根の張り方が違います。

比べてみるとわかると思いますが、全く違います。

根がよく育つということは、上の葉や花の部分もよく育ちます。

 

 

土の防寒対策はこうするべき

64f34426744c856601bedf4e8ee77f76_m

植物は生き物です。

冷たい風にさらされると植物もダメージを受けます。

冬場はあまり風が当たらないようなところに置くのも植物のためになります。

プランターごとビニール袋で覆うだけで保温性と風防止になります。

あまり外は温度が低い時には、室内に入れるようにしたほうが植物を守ることになります。

土が冬場になると凍結してしまいます。

そうなると殆どの植物は枯れてしまいます。

少しでも土の凍結を防ぐために、プランターを2重にして寒さ対策をします。

プランターや鉢は、フラワースタンド等の上に置くことで、直に地べたに置くことより凍結を防ぐことができます。

西条 和仁

ライター西条 和仁

西条 和仁の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!