不動産投資と暮らしの情報サイト

寒い冬もこれで乗り切ろう!手ごわい冬の寒さに負けない5つの対策

162 views 2016.1.28

31e483096b6204fb2002cf36ed340bf3_m

夏場の涼しくなるインテリアについては、すでにいろいろな記事を見かけることが多く、逆に寒さに関する記事はあまり多くはみかけません。

インテリアに工夫することで、寒さ対策と節電対策がどちらもできるんです。

 

温かい格好をする、ブランケットや毛布を足元にかける…。

これだけでも十分温かいのですが、部屋の防寒には残念ながらあまり意味はありません。

大切なことは寒さをシャットアウトする間取りやインテリアです。

 

窓辺に配置する物がポイント

ベッドやソファーを窓辺に置くと、そこを定位置にしたとき寒気をダイレクトに受け止めてしまい、風邪をひく可能性があります。

なので、窓辺にはそれほど定位置にはならない物を置くか、いっそ何も置かない方法でも良いでしょう。

定位置を部屋の暖かい場所にずらしてあげる方が先です。

 

窓で寒気をシャットアウト

6f52ef64f4f66c086a5853512e24d2f5_m

窓にできる防寒方法はいくつもあります。

たとえば、カーテンを厚手のものに替える、カーテンを二重にするなどの方法は定番ですし、窓際ボードを立てかけてみるのもひとつの方法です。

 

窓際ボードは部屋の約58%の熱が窓から出て行ってしまう状態から、室内に熱をこもりやすくしてくれるアイテム。

見た目にはただの軽くて蛇腹タイプの発泡ポリエチレン製ボードなのですが、これを窓に立てかけておくか否かで、随分と寒さの感じ方が変わってきます。

窓のサイズに合わせてカットもできるので、リビングの窓やトイレの窓など、小サイズから大窓まで広くカバーしてくれるアイテムです。

ペットの寒さ対策にも大変おすすめです。

 

特に寒さを感じたくないスペースに自立ボードを

自立ボードは、床に溜まりがちな冷気の移動を防いでくれるアイテム。

厚さ約8mmのボードで、折りたたんでコンパクトに持ち運ぶこともできます。

自立式なので、どこでも寒さを感じたくないところに気軽に立てておけるのが強み。

 

たとえば階段下、トイレの中、ペットの寝室まわり、テーブルの周りを囲ったり、出窓などに置いてベッドに流れ込む窓の冷気を遮断するのもアリ。

枕元に立てておけば、頭が冷えるのをバッチリ防げます。

夏場など暑い季節にはあまり出番がありませんが、冷やしすぎてこれ以上寒さが欲しくない場所にはこれを立てておくと良いでしょう。

 

断熱シートで冷暖房費を節約

2e4fe754f7130f3d3a00f38172c53eb1_m

断熱シートは、窓などのサッシをフルにカバーできるアイテム。

エアコンなど冷暖房の効率アップにも効果があり、光熱費の節約に大活躍しています。

使い方は非常に簡単で、窓に貼るだけでOK。

サイズが合わなくてもカットして面テープで固定し、余った部分は別の窓に貼り付けて転用することも可能です。

 

透明フィルムタイプの断熱シートなら、窓からの景色を邪魔しないのでさらにおすすめですよ。

テープで貼り付けるタイプのほかにも、ファスナー開閉タイプ、ハサミで簡単にカットできるタイプ、網入りガラスやワイヤー入りガラスなど防犯性を高めたガラスにも使用が可能。

窓の大きさに合わせて選べば、取り外しもぐっと楽になります。

また、完全な透明以外の色・柄物のシートは外からの視線を遮断し、プライバシーを守る効果もあります。

 

隙間風防止アイテムで床も温かく

隙間風は冬の深刻な問題のひとつ。

特に玄関の隙間風は、冗談にならないほど寒いものです。

そこで、隙間風を防止するクッションなどがおすすめ。

ドアの下に挟み込むだけでセット完了、そのままドアを開閉できる構造になっています。

この構造のおかげで、隙間風の心配がなく暖房で部屋の中をぐっと温かくキープしてくれます。

夏場のエアコンについても同様に、隙間から寒気が外に逃げないので電気代の節約になりますよ。

 

隙間風防止アイテムには色々な種類が出ており、見た目にもオシャレ。

芯材を抜き、カバー自体を洗濯することもできるので、汚れても安心です。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!