不動産投資と暮らしの情報サイト

部屋のインテリアを工夫するために大事なのは「しっかりシミュレーションすること」

206 views 2016.2.4

d69689ac27aa7293595d169ce6973906_m

是非みなさんにも努力・工夫をして理想のインテリアを目指していただきたいものです。

部屋のイメージを変えるというものの、一体何処からはじめていいか判らないという人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

理想のインテリアというものの実際に自分がどのようなものを望んでいるのかというのもあまり正確に判っている訳ではありません。

まずは具体的にするモチベーションってとても大事なことです。

あのインテリアが素敵と思ったら、写真、切り抜きといったものをスクラップブックなどにまとめて行きましょう。

 

好きはしっかり分類して行けば自ずとそこから見えてくるものがあるはずです。

自然の色と素材を使った、落ち着いた感じのインテリアが好きという人たちもいるでしょう。

クールでシャープなデザインを好むという人たちもいます。

派手なデザインが兎に角好きという人たちもいるでしょう。

 

寸法をしっかり計る

よりアイデアを具体的にするというモチベーションがとても大事です。

部屋には範囲というものが存在します。

みなさんがあれこれ考えても、範囲を超えてしまうようなものなら決して実現することはありません。

当たり前のことをいっているまでですが、ここに辿り着かずイメージだけ膨らませている人が結構多いといいます。

 

間取り図などを大いに利用して、部屋のサイズを完璧チェックしましょう。

そして、配置するだろう家具をシミュレーションして行きます。

家具視点になると、人間がどう動くのかということを忘れてしまいがちになりますので注意をしてください。

人間とモノの関係もしっかり追求していかなければなりません。

 

ちょっと見落としがちなポイント

d6fdce893a45a63a3f531f3810a2e4a2_m

ついついこのような点を忘れるというケースがありますので、注意をしましょう。

まず天井の高さです。

シミュレーションはなかなか立体的に描くことが出来ないので、シミュレーションに従って計画通りしたというのに、家具が高すぎて入らなかったというお粗末なミスが起こるといいます。

 

窓の位置とサイズの問題は大丈夫でしょうか。

窓というのは、私達の生活にとても大事なモノだということは多くの人たちが理解しているはずです。

しかし、家具をいい加減な判断で購入してしまうことで、窓を隠すという結果になってしまうかもしれません。

窓のない部屋はやはり悲劇以外何ものでもないのではないでしょうか。

 

そしてもっとお粗末は、ドアが小さくで家具が入らないというコメディーのような失態をしている人たちも実際にいます。

みなさんがそのようなコメディアンにならないように、しっかりドアのサイズも計っておくようにしてください。

隠れるという意味では、照明もそうです。家の配置で光りを隠してしまわないように呉々も用心しましょう。

 

 

しっかり家具のサイズを計る

316bddee05a81ff39df77dc67d68deb0_m

新しい家具のサイズを計るということだけでなく、今ある家具の寸法をしっかり計るというモチベーションを持って向かっていかなければなりません。

家具は新しい家具、古い家具、両方が仲良く一つの部屋で調和されていかなければ決して住み心地のいい家など実現するはずはありません。

新しく入れた家具とあわせてみれば、入ると思っていたのに入らないと言うことがあります。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

デザインのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!