不動産投資と暮らしの情報サイト

狭いベランダでもできるプランター家庭菜園

374 views 2015.12.2

健康のために野菜が食べたい

0e21f7dab1a6689bae5d60953c4acef3_m

そう思ってもエルニーニョ現象のせいか最近は野菜が高いです。

ならば 「自分で育てよう!でも家庭菜園って難しそう。それにウチのベランダ狭いし。」

そんなことはないです。狭いベランダでも家庭菜園は作れます。

 

プランターで家庭菜園、ベジタブルガーデンを作りましょう。

自分で育てると 朝 ベランダを見るのが楽しくなります。

さぁ 明日からベランダファームにチャレンジです。

 

“ラディッシュ” – 毎日食べれるものからはじめよう

7bbc928721f0ae45fd8be2b3b9c09854_m

まずは簡単に育てられて、毎日食べられるものからはじめましょう。

できれば見ていても楽しいものが良いでしょう。

 

『ラディッシュ』 つまり 『二十日大根』が おすすめです。名前の通り 20日ぐらいで収穫できます。

真冬を除けば、ほぼ一年中、ベランダでも 部屋の中でも育てられます。

育てる途中に 『ギフト』 が楽しめます。

☆赤い球の『コメット』『レッドチャーム』『スーパーマキシム』や『レッドキング』

☆上は赤くて下は白い おめでたい『キッスミー』や『紅白』

☆真っ白なキュートな大根『ホワイトキャンドル』や『雪小町』

☆ひとつの種類で5色が楽しめる『カラフルファイブ』

種類が豊富で、代表的なものだけでもこんなにあります。

一袋 200円くらい 百円均一なら 100円で手に入ります。

気になる種をいろいろチョイスして、『ラディッシュ』からはじめましょう。

ベランダなら”ミニ野菜”

bd8bfe9319d077921cbd4978e00a4391_m

大きな野菜を育てるのも醍醐味ですが、ベランダなら『ミニ野菜』です。

『ラディッシュ』以外にもいろいろな『ミニ野菜』があります。;

 

ミニキャロット

その名の通り、『小さいニンジン』です。でも小さいからおもしろいです。

カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウム免疫力を高め、皮膚や粘膜を強くする緑黄色野菜で、小さいけど栄養価は高いです。

種まきは春から秋、だいたい90~120日くらいで食べ頃です。もちろん『ギフト』も楽しめます。

実際に私は 秋に種を蒔きました。冬の間も楽しめました。セオリーどおりでなくてもよいのが家庭菜園。

小さなプランターでもたくさん育ちます。ものによってはミニとは言えないほど大きくなるのもできます。

多様に育ってくれるからおもしろいです。

 

プチトマト

大きさで分けて よく見る『ミニトマト』から まるで飴玉のような『マイクロトマト』まで

形で 一般的な丸いもの、『アイコ』のように楕円形のもの、『トマトベリー』のようにイチゴ型

色で 一般的な赤、黄色やイエロー(濃い黄色)、緑色、血のような深紅、そしてブラック

また たくさん実が成るタイプや垂れ下がるタイプなど とにかく種類が豊富です。

プランターは少し大きめのものが必要ですが、ハンギングに向く種類もあるので 狭いベランダでも楽しめます。

種からはじめるのは大変なので、苗からはじめると良いでしょう。

 

その他 『ミニ白菜』、『ペコロス』、『ミニ南瓜』、『芽キャベツ』など 『ミニ野菜』はいろいろとあります。

どれも愛情込めて育てれば プランターでもたくさん収穫ができます。

時期をずらせば長くたくさん収穫を楽しめます。

栄養価も 大きい種類と同等 あるいは それ以上 それプラス のものを持っています。

 

育てる楽しみ”ギフト”

家庭菜園を行う楽しみは 『収穫』 だけではありません。

もちろん栽培そのものも楽しみですが、栽培するからこその楽しみがあります。

それは 『間引き』であり、『葉』であり、『花』であり、『種』です。 これを私は『ギフト』と呼びたいです。

例えば、『ラディッシュ』や『ミニキャロット』などは 種を多めに蒔いて 『間引き』 ます。

この『間引き』で抜いた芽も 美味しくいただけます。 『間引き』は 何度か行いますから 何度も楽しめます。

また 葉物でない『ラディッシュ』や『ミニキャロット』などは、『葉』も美味しくいただけます。

『花』はやはり観て楽しみます。もちろん食べれるものもあります。

そして『種』をとってまた育てるのもいいでしょう。

収穫し忘れると もしかすると勝手に生えて『ほぼ自生』状態になることもあります。それも一興です。

 

フィールドを楽しもう!

小さなプランターで『ミニ野菜』を楽しむこと、それは単に野菜を育てるだけでなく、狭いベランダを『ベジタブルガーデン』として楽しむことです。

 

プランターは百円均一の小さなプランターで結構です。置く場所がなければ『ハンギング』 つまり吊してもよいです。

エアコンの室外機の上やラックで縦の空間を活かしてもよいです。

季節毎にいろいろ野菜を楽しむのも、同じ野菜でもいろいろな種類を育てるのも あなただけの楽しみ方です。

 

そこは『あなただけのフィールド』となります。

朝 ベランダを観ることが楽しみになります。

さぁ始めましょう『ベジタブルガーデン』を!

大城戸 正人

ライター大城戸 正人

大城戸 正人の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

その他のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!