不動産投資と暮らしの情報サイト

今の何倍もの収入を手に入れるなら?不動産投資を利用して理想の生活を満喫!?

114 views 2015.12.2

不動産投資って何?

ed941390d5d4bdda7c2dda7c5fbb8e74_m

不動産を扱った投資のことを一般的に「不動産投資」と呼ぶことがあります。この不動産投資を考える時には、そもそもどんな取り引きやいかなる事業なのかを知る必要があるでしょう。

まず不動産というのは家を借りる時やマイホームを購入する時にお世話になりやすいので、名前自体を知らないということはないと思います。

一方で、投資というのも会社に勤めている人ならば少しぐらいは自分の会社のことでわかることもあるかもしれませんし、学校でもさらっと学習する程度には「投資」についてやりますよね。もし高校で商業を学ぶ学部や大学などで経済や経営にかかわるものであれば、もう少し突っ込んで知っているかもしれません。

 

不動産投資は難しい?

一番間違ったイメージの一つは、不動産投資が難しいかもしれないからという食わず嫌いなものでやめてしまうことでしょう。投資先としてどうすべきか、運用先はどこにすればいいのか、などの点からなかなかベストのことが分からないということがあるかもしれません。確かにこのような難しさは不動産投資に内包されていますが、専門で投資をやっている人のような悩みは、そこまで行く前になんとなく手が出し辛いと思ってしまうところにあるわけです。

 

まず不動産投資を体験する

f17fee8bf51b3b14d758b1ce1e455fc7_m

いきなり誰でも収益を何倍にも挙げられるなんて甘い言葉で誘導されたら、確かに怪しいと思ってしまうのが人間というものです。もしかしたら、そういう商法があるのかもしれないと思ってしまうかも知れませんよね。

でしたら、まずは不動産に投資することの意味を肌で感じて見るのもよいかもしれません。広告の中にも頭金を必要としない物件があるなど、初心者でもわかりやすい手段が散見できるのです。

 

投資の損失はどうするのか?

よく不動産投資は大きなお金を動かすから、損失が出た時に大変なことになると思われがちです。実際に不動産バブルがはじけた時の影響が計り知れないものがあったからこそでしょう。とはいえ、いまの平成からここまでの期間の中で、不動産というものが上がりに上がってはじけることはまず考えにくいことでもあります。

それは、単純に不動産に対する見方を冷静に見られていない楽観論とかそんな話ではなく、実際に不動産に対する関心は高度に運用する投資家になればなるほど投資に対する関心度も高いものになっていくという事実があるためです。

 

なぜ不動産投資は収入が何倍にもなるの?

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_m

株などの金融商品をイメージする人は、そうそう値動きが何倍にもなるはずはなく、今の収入が急に増えるなんてありえないと思うかもしれません。

とはいえ、それは普段からトレーダーなどの投資に浸っている人はそうかもしれませんね。

でも良く考えると、いままで投資もしたことがなく、唯一の給料が会社からの収入だけという人からすれば、その副次の収入が主収入を超えることは珍しいことではないのです。

これは副次的に収入を得ると言うことが単純に残業で仕事を頑張ったり、資格を取得したりするよりも効率的であるのです。

実際、出世は大した収入アップをもたらさない(むしろ一時的に下がることもある)上に、残業は削減の方向に会社は動いていますし、サービス残業や家に仕事を持ち込むなど、労働法を無視した仕事の強要があるくらい、現存の会社では主収入を爆発的に挙げることは難しいとされています。

 

何が投資の利益を発生させる?

不動産投資において利益が発生するパターンの一つとして、家賃収入によるものがあります。

家賃といえば、普通は賃貸会社とかの専売特許ではないかと思うかもしれません。

どちらかといえば支払う方と考えていればそれは仕方のないことかもしれないです。

この不動産投資の場合は、不動産を回すことによって家賃を回収できるというところにその利益を発生させる仕組みがあるのです。

空室が出ないように入居者を集めつつ、不動産の価値が上がって売ることが可能になれば、運用の方に力を入れるといった感じですね。

 

家賃収入はプラスだけ?

家賃収入は確かにプラスになるものですが、不動産投資はこれが絶対の運用方法というわけではないことをまずは前提に置いてください。

その上で、不動産を使った家賃収入というのは絶対にプラスになるわけでもないことを理解しておかなければなりません。

その一つには不動産の土地や建物の価格が社会的な変動によって下がってしまうことがあることです。

こればかりは個人でどうにもできない点だったりします。

さらにもう一点あって家賃が支払われなかったり、修繕などの積み立てなど、必要になってくる費用とのバランスが利益かそうでないかを見分けていくのです。

 

河合 清彦

ライター河合 清彦

河合 清彦の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!