不動産投資と暮らしの情報サイト

自分のお部屋をシンプルにする3つのポイント

143 views 2016.3.24

d206fa60e4aa6fdd3e1cd02559e1a5cb_m

スッキリと片付けられて清潔感のある、シンプルなお部屋って憧れますよね。

でも自分の部屋をシンプルになんてできない!片付けが難しい!と諦めてしまっていませんか?

 

シンプルと言われても、一体どの程度片付ければいいのかも分かりません。そこで今回は、シンプルな部屋づくりをするうえで大切なポイントをまとめました。

 

ポイント①:基本は片付けと断捨離

シンプルな部屋づくりには、まず第一に片付け。

部屋の中にある、明らかに要らないものを片付けたり、処分しましょう。

 

「いつか片付ける」「そのうち掃除する」と決め込んでいる場所や物はありませんか?

今すぐに、そこから着手してみてください。

驚くほどに部屋の無駄が減り、すっきりとした印象に変わります。

 

次に必要なものは断捨離です。

テーブルの上、床の上などに物は置かないようにしましょう。

 

床に接して良いのはソファーやテーブルなどの必要最低限の家具、ラグやマットレスなど床に敷くと決めたもののみ。

あとはゴミ箱や棚、ペットや赤ちゃんのための家具などです。

こまごまとした物を一つずつ断捨離するのは非常に手間がかかりますが、シンプルな部屋作りを目指すなら避けて通れない部分です。

 

部屋の中を見渡して、当たり前のように出しっぱなしにしているものがないかチェック。

シンプルな部屋には、常に使用するものだけに限って出しておきましょう。ハンガーにかかった服、置きっぱなしの飲み物、積み上がった本などはすべて整理対象に。

見えない場所に収納するか、定位置を決めてしまっておくようにしましょう。

 

片付けと断捨離ができると、かなりシンプルな部屋ができあがってきます。何も物がないと、最初は物足りない感じがしますが、だんだんと必要十分な生活に満足感が生まれてきます。

これこそがシンプルな部屋の魅力と言えるのです。

 

ポイント②:棚の上に物を置きすぎない

ディスプレイ用でない限り、棚の上に物を置きすぎるのはNG。

「ちょっとここに置いておこう」「あとで何とかしよう」と、棚の上を一時的な置き場所にすると、一気にその部分に生活感が出てしまいます。

 

ディスプレイ用や見せる収納棚を持っている方も、最低限の物だけを並べ置くようにして、ごちゃごちゃとした並べ方にならないよう注意しましょう。

 

ポイント③:部屋に置く物の数を減らす

b587a0ebca63ca4791fbc363e52bb2bd_m

シンプルな部屋に限らず「オシャレな部屋」にも言えることですが、いろいろな家具を一つの部屋の中に置いてしまうと、どうしても雑然とした印象を与えてしまいます。

押し入れやクローゼットがあるのに、棚をいくつも買って並べ置いたり、引き出しを上に上に重ねていくのはおすすめできません。

 

収納が足りないならば、無駄なものや要らないものから順に断捨離するか、他の部屋や場所に収納する、デッドスペースを活用して「見せない収納」にするなど、工夫を盛り込んでいく必要があります。

 

また、扇風機など季節の家電を一年中出しっぱなしにしていたり、使い道のない家電や家具を仕方なく部屋に置いている方は、それらを別の部屋に移動させるか、収納する必要があります。

物の置きすぎに注意するだけでも、シンプルな部屋にぐっと近づきますよ。

 

まとめ

88fd41944f276bc81f47212bc5121d3a_m

雑誌や広告にあるようなシンプルな部屋にするには、まずはしっかりと片付いた部屋にすることです。

掃除などもあわせて行えば、ピカピカと輝くようなすっきりとしたお部屋になります。

 

しかし、一度シンプルな部屋に仕上げても、しばらくするとまた雑然とした元の部屋に戻ってしまう可能性もあるので、掃除や整理整頓は欠かさないようにしましょう。

逆に、掃除や断捨離の習慣さえできていれば、いつでもシンプルな部屋がキープできますよ。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!