不動産投資と暮らしの情報サイト

限られたスペースを有効活用、食費の節約も可能になるかも?

255 views 2016.3.26

ベランダが畑に?野菜やハーブを育ててみよう

 e1704d18967efaa6fe84f0083300c728_m

ベランダを有効活用している人はとても多く、ガーデニングとして好きな花をたくさん育てている方は少なくありません。

自分の部屋だけでなくベランダにも癒し空間を造るわけですね。

さらには、ただ育てるだけではもったいないということで、野菜やハーブを育てる方も増えてきました。

もちろん、それだけですべての食材を補えるわけではなく、あくまでも自分で育てて収穫して食べることを楽しみのひとつに取りいれているわけです。限られたスペースでもじゅうぶん堪能できますよ。

 

ベランダで育てるのが可能な野菜たち

 

鉢植えやプランターがあれば誰にでも簡単に育てることが出来る野菜たち。種からとなると気が遠くなるかもしれませんが、今はホームセンターなどに行けば野菜の苗が売られています。

それを買って家で鉢植えやプランターに植え替えればOKなんですよ。

思っている以上に簡単に野菜を育てることができるんです。

必要な物は鉢植えやプランターのほかに培養土、鉢底石、鉢底ネット、あとは育てたい野菜の苗です。

有機肥料を使いたい場合は、隣近所の迷惑にならないように、あまりにおいのしないタイプを選ぶといいでしょう。

野菜の種類ですが、ラディッシュ、サラダミックス、万能葉ネギでしょうか。これらは初心者の方でも育てやすいと評判です。

特にラディッシュは二十日大根とも呼ばれていて、20日ほどで収穫できるというメリットがあります。

サラダに入れれば見た目にもキレイでいいですよね。

 

ちょっとお洒落にハーブを育ててみる

 b253d92c6b07615e08793ae8e1762574_m

ハーブは料理に欠かせません。

この料理にあのハーブがあれば一味違うのに、と思ってもわざわざ買いに行くのが面倒なときがありますよね。

そんなときベランダからささっと収穫して料理に使えば、なんだか料理上手な人になった気分も味わえます。

ハーブのメリットは生で使えるだけでなく、乾燥させればそのまま長期間保管できることでしょうか。

また、ベランダで育てる場合のコツですが、風通しを良くすること、長時間雨に当たらせないことなどが元気に育てるコツになるので、そういう意味でもベランダは最適な場所ですね。

 

ベランダで育てるときの注意点

 17a3d367057403d3f18f43d593e0c047_m

ベランダは自分が自由に使える空間、確かにそうかもしれませんが、万が一のことも考えなければいけません。

例えば賃貸の場合はマンションやアパートの管理規約に違反していないかどうか、しっかり確認してくださいね。

それからこれは誰にでも共通することなんですが、避難経路がしっかり確保されているかどうかも注意が必要です。

何も起こらないという保証はありませんから、万が一に備えることは大切です。

それからベランダに物を置きすぎないことですね。

ひとつひとつの鉢は軽いかもしれませんが、それがたくさん集まるとかなりの重さになります。

また、使っていない土を山積みにして保管するのもベランダの耐久性を考えると避けたいところです。

 

ベランダで野菜やハーブを楽しく安全に育てるために

 

あまりにも夢中になりすぎたために、規約違反をしてしまったとか、災害時の邪魔になって避難経路が確保できなかったとか、ベランダに物を置きすぎてベランダを壊してしまったとか、後になって後悔したのでは遅すぎます。自分が楽しく育てればいいというのではなく、周囲の人たちに迷惑をかけないことも忘れてはいけません。

ガーデニングを心の底から楽しむためには、周りの人たちへの配慮があってこそ、これを念頭においてくださいね。

何かトラブルが起きたのではガーデニングの楽しさを感じる気持ちの余裕すらなくなってしまいますから。

 

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!