不動産投資と暮らしの情報サイト

猛暑にピッタリ、見た目にも涼やかなガーデニングを楽しもう

214 views 2016.3.26

見た目の涼やかさをガーデニングで造ってみよう

 96b452c65099cfe245f55d6f51d3f447_m

ガーデニングそのものが涼やかなイメージがありますが、育てて暫く経つと「この季節にはこんな植物を育ててみたい」という気持ちも芽生えてきます。

季節の移り変わりは町を歩けば感じることもできますが、家や庭、ベランダなど自分が生活する空間に涼やかさを演出できたら素敵ですね。

こちらでは季節に合ったガーデニングをいくつかご紹介していくことにしましょう。

 

和のテイストで涼やかなガーデニング空間を造ろう

 

涼やかなイメージがある植物は色々ありますが、こちらでは和のテイストを楽しめるガーデニングをご紹介します。

和といえば「盆栽」や「苔玉」が有名ですね。

タレントさんの中でも苔玉を育てて楽しんでいる人が増えているみたいです。

盆栽や苔玉を育てるために用意するものは特別高いものではありません。

100円ショップにも盆栽用の鉢などが売られているので、そちらで用意するといいでしょう。

もちろん、見た目にもっとこだわりたいというのであればガーデニングショップで用意するのもいいですね。

 

どちらも育てる際の機能的には差はありません。

あとは盆栽用の土としてケト土、赤玉、富士砂があれば準備OKです。

最後に育てたい盆栽や苔玉を植えれば完了です。

盆栽なんて難しそうと思うかもしれませんが、見た目が気に入った!形が素敵!という第一印象で選んだものを自分が好きなように植えていくことができる、それを楽しめるのがガーデニングではないでしょうか。

 

暑い夏は涼やかなガーデニングで涼もう

 c205188c01d7457917106b19ca33c533_m

目に見て涼やかな植物はたくさんあります。

盆栽や苔玉のほかにも、例えば寄せ植えを作りたいならセージ、トレニア、ゴンフォスティグマヴィルガツム、プラチーナ、あたりはいかがでしょうか。

株の大きさによって1株でじゅうぶんなものもありますし、2株植えてボリュームを出してもいいかもしれませんね。

そのほか必要となるのは鉢や培養土、鉢底ネットや鉢底石などです。

 

寄せ植えは自分の好きな植物を植えることができるので、サルビアやフォリナセアなど夏に元気に育つもの、見た目に涼やかなものを選んで植えてみましょう。

ガーデニングの楽しさを実感できるはずですよ。

買い物カゴの中で寄せ植えをイメージして並べると想像力が沸いて来ますよ。

 

秋にピッタリの寄せ植えならコレ!

 

暑さ厳しい夏が終わると、いよいよ過ごしやすい季節がやってきます。

季節ごとに育てる植物を替えることで、四季の移り変わりを楽しめるのは嬉しいですね。

心が豊かになります。

さて、秋を感じる寄せ植えですが、ハギ、ペニセタム、コリウス、観賞用のトウガラシなどがオススメです。

季節に合う植物として夏の終わり、秋口に人気のある植物たちです。

その他に用意するのは鉢や培養度、鉢底石などがあれば十分でしょう。

高さのあるものを真ん中や奥に植えて、高さの低いものを回りに植えるようにすると見た目のバランスもよくなります。

テイカカズラやシュウメイギクなども秋にふさわしい植物としてお勧めします。

 

季節の移り変わりを楽しむ心の余裕がほしい

 7d58390836c7d1583d31dc06932ba5c7_m

ガーデニングを始めるきっかけは人それぞれですが、忙しい時間を過ごしているからこそ家にほっと安らげる空間が欲しいと言うのは共通しているのではないでしょうか。

一度植えてしまえばあとは育てるだけ。ガーデニングの醍醐味は手をかければかけるほど元気に植物たちが育ってくれる様子を毎日目にすることができることではないでしょうか。

季節ごとに育つ草花を四季を通じて近くで見ることができることは、小さな幸せながらも私たちの心をじゅうぶん満たしてくれますよ。

 

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!