不動産投資と暮らしの情報サイト

低リスクで長期安定の投資はこれ!新築の不動産投資をはじめよう

128 views 2016.3.27

3d75da85ab71e1b212bd75cd576db59b_m

不動産投資への人気が過熱してきたことで中古物件に目をつける人が増え、中古物件の価格が上昇しています。

あまり利回りが変わらなくなってきているのであれば、リスクが少ない新築投資にしましょう。

 

新築の不動産投資でリスク低減

 

新築不動産は建築から数年間はリフォームの心配がほとんどありません。

新築なので中古より長期間使用できます。

そのため、新築の不動産は低リスクで長期間収入を得ることができるのです。

リスクを極限まで低くしたいと言う人には最適な投資方法でしょう。

 

また、新築物件の場合には家賃保証も付けやすいです。

家賃保証とは入居率にかかわらず一定額の家賃を受け取ることができる契約です。

これによって空室のリスクを軽減することができるのでさらに低リスクで投資を行うことができるのです。

 

新築不動産物件に向いていない人も

 d3b1d1978202ea9382f4e92ae8d79bb7_m

新築不動産物件は購入してすぐに計画通りに家賃収入が得られるわけではありません。

新築不動産の場合には入居者が入るまでに時間がかかるので計画から実際に収益を上げられるようになるまでは半年程度時間がかかります。

この時間が気になる人は新築の不動産物件には向いていないでしょう。

購入後すぐに収益を得られる中古物件のほうが向いているかもしれません。

 

新築の不動産物件も購入したら中古物件となります。建物は徐々に古くなっていくので、新築物件は転売には向きません。

家賃収入で堅実に収益を得るほうが向いている投資なのです。

 

新築不動産投資のメリットは

cc6d44243e2d005a7c495700458bbee9_m

新築不動産の投資は中古物件と比較して低リスクです。

やはり入居者は新築を好む傾向にあります。

新築物件は入居の競争力が高く空室のリスクが他の不動産投資と比べて低いです。

また、新築は修繕費も数年間程度ほとんど必要ありません。

中古物件と新築物件を比較して同じ程度の利回りであればリスクの少ない新築不動産投資がおススメです。

 

新築の場合、部屋の間取りなどを自分好みに出来るメリットもあります。

実際に入居するのは自分ではないので、あまり奇抜なデザインは避けたほうが良いですが、自分も住みたいと思えるような建物を作れば入居者も殺到することでしょう。

建築業者や不動産業者とよく相談して決めていきましょう。

 

お金をたくさん掛ければよい建物ができると勘違いしている人がいます。

投資をする場合には、投資額に見合った回収の見込みがなければ無駄な出費となってしまいます。注意して建築しましょう。

 

新築不動産は金融機関から融資を受けやすいメリットもあります。

金融機関からすると、新築物件は収入計画の信用性が保管不動産投資法よりも優れているので、融資を出しやすい案件に見えるのです。

融資を出しやすいと言うことは金利も低くなるでしょう。

中古物件と比べると色々な点で新築物件のほうが勝っていると言えるかもしれません。

不動産投資の初心者であればなおさら、両者の違いを良く理解してから投資を行いましょう。

若林 愛美

ライター若林 愛美

若林 愛美の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!