不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資は元手をしっかりと用意してはじめよう

142 views 2016.3.27

不動産投資は将来性がある投資方法

1edce8057ec3b1397e5ffe1f1060df6f_m

不動産投資はインターネットなどで話題となっている投資方法です。

不動産投資とは、簡単にいうと自分が自宅以外に一戸建て、マンション、アパートなどを所有して部屋を他人に貸して賃料を得る方法です。

 

投資なので賃料以外にレバレッジを効かす事ができて多くの人に部屋を貸す事ができれば儲かる今話題の投資方法です。

いろいろと難しい部分もあるのですが、サラリーマンや主婦でも投資する事ができて副業としても可能です。

 

そして現在、将来の年金受取額の不安がニュースなどで取り上げられていますが、年金額が減った部分を不動産投資で穴うめする人も増えています。

年金に不安のある方は不動産投資の専門業者へ相談してみると良いでしょう。

 

不動産投資には元手は必要

478be9e21917325d8a32676fe894af15_m

投資を行うと言われて何を最初に考えるかというと、リスクがないかどうかだと思います。

投資は銀行預金などと違ってリスクを伴うのが特長です。

 

銀行預金などはリスクは少ないですが、金利が低く大してお金は増えません。

反対に投資には通常、固定金利や変動金利という仕組みがありますが、どちらにしても元本保証をしてくれない場合が多いです。

 

したがってお金を預けても減る可能性があります。

それでは不動産投資はどうかというと当然リスクはあります。

 

世の中の景気動向や金利の上げ下げなどにより目減りする事もありますし、反対に大きく得する事もあります。

さらに不動産投資の場合は、借金する金額が大きい為、もしも失敗した時には最悪のケースが自宅を処分するなんてケースもあります。

 

そうならない為にも、ある程度は元手を用意してから不動産投資を行いましょう。

不動産投資は、儲かれば確かに元手は必要ないと言われていますが、リスクを伴うものですから万が一の時の用意はしておきましょう。

 

不動産投資に関連の深いインフレとデフレ

 

世の中の景気動向の一つの目安にインフレとデフレがあります。

インフレが緩やかに進めば好景気となりますが、デフレが続いてしまうと国民の消費が停滞してしまい景気が悪くなります。

 

インフレの時は、多くの人が好んで買い物などでお金を消費する為、世の中の循環が良くなり景気が良くなります。

不動産投資も同様に、インフレの方がうまくいく傾向にあります。

 

インフレになると賃貸物件などを借りる人が増えて空室がなくなる可能性があります。

給料も自然に上がる為、少し高い物件でも借りる傾向になります。

 

不動産投資を行う為には、まずは現在がインフレに近い状態かデフレに近い状態なのかを見極めましょう。

不動産投資は、一般的に20年以上は続く投資になります。

 

家賃収入もあるのですが、その間、自分自身も支払う時期がおとずれる可能性も考えておく必要があります。

デフレがおとずれた時の対応策も用意しておきましょう。

 

サラリーマンは勤続年数が長い方が良い

fe9f02d1b4dfe5aa26f0c246606bfa36_m

現在、サラリーマンという方で勤続年数が長い方は、不動産投資はおすすめといえます。

もちろん、ある程度高めの収入がある人の方が、さらに望ましいですが、将来、退職金が出る会社であれば尚更良いです。

 

不動産投資は、将来的には全額支払いが終わってしまうと当然の事ながら自分のものになります。

不動産投資は、20年以上の間、自分で支払いをしている時期が続くのですが、少しでも早く支払いを終わらした方が気分的に楽になります。

 

長い間、支払っている時期があって退職した時期に残りを一気に完済できれば、その方が良いのです。

いつ景気動向が変わって支払いの金利が上乗せされるよりは、さっさと返済した方が良いです。

もし不動産投資を行うかどうか迷っている人は、自分が何歳の時に完済できるかどうかを見据えたうえで契約しましょう。

 

安心して投資の利益で老後を迎える為に不動産投資を行う人は多いでしょう。

良い老後の人生を迎える為に、できるだけ早い返済を目指すように頑張りましょう。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!