不動産投資と暮らしの情報サイト

これを知らないと育たない!?季節毎に変わる野菜の育て方

163 views 2015.12.1

野菜の基本的な育てる時期

a1a5b59f3b3b6080f53dab5962ff957e_m

ガーデニングで育てる野菜にもいろいろとあります。
野菜の種類によって、植え付けを行う季節が変わってきます。
いろいろと野菜はありますが、いつ植えてもいいというわけではありません。
野菜を植える時期は大事で、その季節を間違えると全く育ちませんし、種から芽すら出てきません。
そんな季節ごとの野菜を勉強しましょう。

春から育てる野菜

5d9a5370ee4934a4eba9c3146d48a1bb_m

野菜を育てるのに、春から育てる野菜というのはたくさんあります。
春に植え付けを行ってから、夏や秋に収穫する野菜が一番多いと思われます。
春に植え付けをする野菜で、初心者でも簡単にできるものはたくさんあります。
収穫も長い間収穫できるものとしてナスをおすすめします。
ナスの苗を3つほど植えておけば、家庭で食べるには困らない程度のナスが育ちます。
それも収穫時期として、6月から10月と長い間収穫をすることができます。
そのほかにも身にトマトやししとう、ピーマンなども春から育てると夏ぐらいには収穫できる方度に育ちます。
これらは、初心者でも育てることができます。

夏から育てる野菜

夏に植え付けてから育てる野菜があります。
8月頃に植え付けてから9月には殆どの野菜は収穫することができます。
8月に植え付ける野菜としては、カリフラワー・キャベツ・小松菜・水菜・芽キャベツ・茎ブロッコリー・じゃがいも・玉ねぎ・人参・カブ・白菜・大根などがあります。
初心者が育てるには、キャベツや白菜は、手入れが大変なのであまり向きません。
虫に食われやすいので、なかなか初心者が育てるには難しい野菜です。
初心者でも育てやすい野菜としては、水菜やじゃがいも、人参等が育てやすい野菜です。

秋から育てる野菜

9月・10月の秋口から植え付けてから育てる野菜を紹介いたします。
この時期に植え付けると良い野菜としては、レタス・青梗菜・ほうれん草などは9月から植え付けができます。
ほかには、にんにくやルッコラも10月中に植えるといい時期となります。
11月の時期は、徐々に寒さが身にしみてくる季節になります。
この時期から植えて育てることができる野菜は少なくなります。
ただ、この時期に植え付けて成長する寒い時期には、害虫も少ないので初心者が育てるには最適に季節になります。
この時期に植え付けるといいのは豆系の野菜です、
サヤエンドウ・そら豆・アスパラガスなどは11月に植え付けるといい時期です。

冬から育てる野菜

778f38b9f41481001813d59d6b50141c_m

冬の時期に植え付けることができる野菜となるとまた限られてきます。
12月・1月の寒い月に植え付けても育つ野菜は意外にもあります。
ルッコラやそらまめは冬の時期に植え付けてから、春先に収穫できる極寒の冬場でも育つ野菜です。
あとは、ビニールハウスの中で育てるのであれば、カイワレも植え付ければ育てることができます。
このように四季を問わずに、いつでも野菜を育てることができます。
日本のように、四季がある場合は、非常に珍しくいろいろな野菜を育てることができます。

澤田 博之

ライター澤田 博之

澤田 博之の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!