不動産投資と暮らしの情報サイト

~不動産投資セミナー潜入レポート その4~ 30代独身女子3人3様 「自由もお金も、“なりたい自分”も手に入れる!」

オススメ
433 views 2016.4.28

「おひとりさま」知識ゼロからはじめる、不動産投資の可能性。

可能性

あなたへの融資額。
銀行は何を見て、審査をしているのか?

前回に引き続き、フェイスネットワーク主催の不動産投資セミナーのダイジェストをお届けします。
不動産投資を成功に導くヒントが次々に紹介されるセミナーですが、ぜひとも皆さんにお伝えしたいのが
賢く融資を受ける方法

不動産購入は大きなお金が動く一大事。大きく投資して大きく儲けたいなら、
自己資産をいかに大きくするかは誰にとっても重大な関心事項です。
とはいえ、20代30代の独身女性のOLでどのくらい「夢が見られるのか」半信半疑の人も多いはず。

 

「不動産投資は決して夢物語ではなく、リアルな資産運用術」という蜂谷社長の冒頭の挨拶がありましたが、
「当セミナーは楽しみながら賢くお金について学べる、お金の学校にしたいんです」と話を続ける蜂谷社長。

 

実は蜂谷社長は建築不動産のエキスパートになる前は大手金融機関で長い間、
融資を担当していたファイナンスのエキスパートでもあるのだとか。
銀行とどううまく付き合あっていくか。実はこれ、不動産投資の成功の鍵を握る、重要なポイント。

 

 

「銀行は何を見て、あなたへの融資額を判断しているのか。
審査の基準はどこにあるのか?」

こう切り出されて、正確に答えられる人はどのくらいいるでしょうか。
よくTVで「住宅ローンを組む際、審査が通るかどうかの注意点としてガスや電気といった光熱費、
電話代など毎月かかる必要経費の支払い期限内に支払いましょう」という初歩的なアドバイスをよく耳にします。

真偽のほどはどうなのでしょうか。銀行が評価する、となるとやはり年収の高さでしょうか?

知らないうちに、「評価価値」を落としてしまう、
自分へのご褒美という名の、甘い浪費の罠

ご褒美

 

「ほとんどの方は銀行が判断基準にしている物差しを年収の高さだと考えているようです。
けれど、20代の高額所得者を銀行はさほど信用していないというのが本当のところです」

 

蜂谷氏の意外な一言に、驚かれた方は少なくないでしょう。20代の高額所得者を信用していないなんて……。
実は経験が少ない20代のうちに高額所得を得る機会に恵まれた人にはある法則があると言うのです。
それは継続的に高収入を稼ぎ続けることができる一握りの人々を除き、その状態を維持できる人は意外と少ないということ。

 

そればかりか、一度身についた慣習とは恐ろしいもので、たとえ以前よりも所得が低くなったにもかかわらず、生活スタイルを改めることがなかなかできない。
具体的には生活のレベル感や価値基準を所得に合わせることが難しい。

 

たとえば、「自分へのご褒美」という名目で自己投資と錯覚して浪費を繰り返してしまう人も、要注意だそう。
プロジェクトが終わるたびに、豪華なバッグやスーツ、海外旅行に高価なディナーを繰り返す嗜癖のある人。
心当たりはありませんか?

 

そうふられて、動揺を隠せなかった人が会場にいました。目の前に座っている、リナさんです。

「サラリーの半分以上を自分磨きに投資している」のだと言います。彼女に共感する女性達は会場にも少なからずいました。

自分磨き

いってみれば、「自分へのご褒美」はシングル女性の通過儀礼のようなもの。
眩いジュエリーや高級コスメは明日への活力。お気に入りのアロマに包まれ、至福感が満たされるひと時をお金で買っているようなもの。仕事で疲れたわが身を癒す「家」は喩えワンルームマンションであっても「聖域」です。お金に糸目をつけず、インテリアやファブリックにこだわる同僚達を私も何人も見てきました。
誰が彼女たちを否定できるでしょうか。

 

「自分を高めるため、身銭を切ってセミナーに行ったり語学習得に挑戦したり、体験や経験に投資することは私も大賛成です。しかし、所得に見合わない華美な贅沢や生活習慣は自己投資ならぬ、浪費だと現実を見る目をしっかり持つことが大事」だと、蜂谷氏はにこやかに彼女を諭し、続けました。

 

度を超した身分不相応の生活を律することができないと、どうなるのか?
その結果、家賃や税金などの支払いを知らず知らずに延滞することになる。
驚くべきことに、かなりの高確率でこうした常習者が出現する、というのです。

 

「私は銀行時代、融資担当を長い間経験してきて、本当にいろいろな方とお会いしてきました。
厳しいことを申し上げますと、一度延滞をする人は、必ず延滞を繰り返します。私は経験則としてこの法則を知っています。それはなぜだと思いますか? 彼らは現実を直視せず、逃げてしまうからです。
銀行が見ているポイントはそこです。言い換えれば、この人はお金に使われる人か。それともお金を使いまわせる人なのか。銀行が人を見るとき、いちばん気にするのは、これに尽きます」

お金に使われる人か、お金を使いまわせる人になるかそのためには、まずは自分を知ることから始めましょう。」

そして配布されたのは「属性判断テスト」なる一枚のシートでした。

 

続きはこちらから

~不動産投資セミナー潜入レポート その5~

丸 珠子(まる たまこ)

ライター丸 珠子(まる たまこ)

丸 珠子(まる たまこ)の記事一覧を見る

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!