不動産投資と暮らしの情報サイト

ローンがある家計でも大丈夫!年間100万円貯めるコツ

257 views 2016.5.3

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_m

お金を貯めたいと思ってもなかなか貯まりませんよね。

毎月何かしら支出があるので貯まらないのではないでしょうか。

中々思うように貯蓄が出来ずに悩んでいる人は多いようです。

 

住宅ローンに車のローン、クレジットカードの支払いなど、色々な支払いが毎月あります。

そのため貯蓄がほとんどない家庭も多いようです。

ローンが経えも毎月コツコツ貯蓄をして、年間100万円貯蓄するコツをご紹介します。

 

家計簿をつける

 

家計簿をつけましょう。

やはり家計の状態を知るためには家計簿が一番手っ取り早いです。

大事なことは、長く続けることなので、支出の大雑把なことが分かればOKです。

細かく付けることが大切だと考え過ぎて途中で挫折してしまうことのほうがダメなのです。

食費の明細など細かくつけることよりも、いくら使ったかをしっかりと把握するために書くことを心がけましょう。

 

無駄な出費がないかチェック

68f2ff8ce6c4d3c384368feaecd41a23_m

無駄な出費をしていませんか?

光熱費などがかかり過ぎているのであれば節約を心がけましょう。

1カ月当たりの節約はわずかであっても、年間を通してみると数千円の削減にはなるでしょう。

また、通信費も高くなっていないですか?

特に携帯電話料金は高いですよね。

買った時から料金プランをそのままにしているのであれば、たまにはプランを見直しましょう。

不要なアプリやサービスにお金を払っている可能性もあります。

確認を忘れずに行いましょう。

 

クレジットカードや電子マネーは計画的に使うべき

 

紙物の際に現金が無くてもクレジットカードを使えば簡単に買い物ができてしまいます。

便利な世の中になったものですが、これは考え物です。

簡単にカード一つで買い物ができることでつい使いすぎてしまう危険性も含んでいます。

 

手元に現金がなくても支払うことができるので、ついつい無駄な出費もしてしまうことになってしまいます。

使った金額を家計簿に記帳しておくことで無駄遣いを防ぐことができますし、今どの程度カードの支払いが残っているかも把握することが出来ます。

 

生命保険を見直そう

 

保険に加入は必要なことです。

まさかの時に、保険が役に立ちます。

ただ生命保険料は家計支出の大きな割合を占める場合、見直しを検討しましょう。

保険料の額、保障の必要性などトータルに考えて見直してみましょう。

 

預貯金の残高を把握していますか?定期的に確認しよう

d83e882d276b936b66caae3a617dc7f7_m

給与額をきちんと把握していますか?

預貯金の残高は把握していますか?

自分の収入や預貯金は定期的に確認してきちんと把握しておくことが大切です。

給料日や月末といった毎月決まった日に確認をすることで毎月どの程度黒字になるか、または赤字になる月はいつなのかを把握できます。

黒字になった時には貯金に回すこともできるでしょう。

毎月に家計を把握することで少しでも節約につなげて家計をやりくりする励みにしていきましょう。

 

必要な大きな支出は前もって把握しておきましょう

 

子供の進学、家電の買い替えなど、まとまったお金が必要になる時期があります。

まとまったお金が必要になった時には貯蓄から捻出するでしょう。

このことが貯蓄ができない理由の代表的なものの一つになっています。

まとまった金額が必要になるときには大体予想がついています。

冠婚葬祭であれば急にお金が必要になりますが、そのほかであれば大体の目安が分かります。

必要な金額を前もって貯蓄で準備するよう心がけましょう。

前もって少しずつ貯蓄して行けば、今までためていた貯金をきり崩すことなく乗り切ることができます。

 

まとめ

 

貯蓄できるような家計になるためには、節約することだけを考えてはダメです。

お金を使わないだけでなく、お金を少しずつでも貯めるために目標を持って臨みましょう。

わかりやすい目標を持てば、貯蓄も楽しくなりますよ。

継続してお金を貯めることができるのではないでしょうか。

 

若林 愛美

ライター若林 愛美

若林 愛美の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!