不動産投資と暮らしの情報サイト

デロンギヒーターの人気機種と使い方を徹底調査しました!

247 views 2016.5.4

日本でいまデロンギヒーターが人気になっている理由とは?

 4f4f7ab43553a30cd6fd7e6c39746500_m

デロンギとは、イタリアにある家電メーカーです。

洗濯機や掃除機、そのほかキッチンで活躍してくれる小型電気機器なども製造、販売しています。

イタリアではもちろんのこと、日本でも人気の電機メーカーで、特に色んなタイプが発売されているヒーターの注目度はどんどん上がっているようです。

空気を汚さずに部屋を温めることができるので、小さいお子さんがいるご家庭やアレルギーでお悩みの方などに人気があるようです。

ここでは、そんなデロンギ社のヒーターに関する情報をご紹介していくことにします。

 

デロンギヒーターの口コミと評判をご紹介

 0f6591c11f47db549022d3451009ee3a_m

ヒーターの最大のメリットは、部屋の空気を汚さずに温めることができるという点です。

部屋の空気を換気する必要がないというのがいいですよね。

せっかく温まった部屋に外気を取り込めば、すぐに部屋の温度が下がってしまいます。

空気を綺麗にするためとはいえ、これでは節約にも繋がりません。

デロンギヒーターを実際に利用している方の多くは、やはり部屋の空気を綺麗に保つことができる、ここに最大の魅力を感じています。

それだけではなく、温かさの「質」が良いと感じている方も多いみたいですね。

まるで柔らかな太陽の日差しを浴びているような、そんな温かさが部屋に伝わってくるそうです。

 

人気のあるヒーターにはどんな種類があるのか

 

一番知名度が高いといえば「オイルヒーター」ではないでしょうか。

スイッチを入れればヒーターの内部にあるオイルが温められることで、その熱が部屋に伝わっていきます。

内部のオイルは交換の必要がない、減ることもないので使い勝手の良さが売りとなっています。

次に「マルチダイナミックヒーター」をご紹介します。

こちらはオイルを使わないヒーターなんです。

そのカラクリですが、内蔵されているヒーターモジュールによる対流熱と輻射熱によって、部屋を温めてくれるのです。

部屋の温度を微妙に設定できるのも特徴で、0.5度刻みで設定することができます。

トイレやお風呂場など、ちょっとしたスペースでちょっとした時間温めたいという場合にオススメなのはパネルヒーターやファンヒーターです。

 

効率よく使うための秘訣は?

 5676d089acb644b13378d8e7a2a520db_m

ヒーターの性能を知ること、これが一番オススメです。

例えば、狭い部屋に大きなヒーターでは無駄が生まれてしまいますね? 

逆に広い部屋に小さいヒーターでは能力不足で電気代が必要以上にかかってしまいます。

それなのに部屋が暖まらない、これでは無駄が多すぎます。

部屋の広さに適したタイプを選ぶこと、これがカギになります。

それから、温かい空気が逃げないように、窓には断熱シートをつけたり、カーテンを付けるなど工夫を取りいれてくださいね。

ちなみにヒーターは窓際に置くと良いそうです。

冷気が入ってくるのを防ぐ効果があると言われています。

 

いらなくなったヒーターはどうやって処分すればいいの?

 

ヒーターを買い換えたことで古くなったヒーターの処分をどうすればいいか心配ですね。

不用品回収業者に引き取ってもらう場合は、処分料としてお金を支払う必要がありますが、自宅まで取りに来てくれるというメリットがあります。

ゴミとして処分する場合は、お住まいになっている自治体によって処分法が異なりますので各自治体に問い合わせて確認しておきましょう。

また、デロンギでは、社会貢献として不要なオイルヒーターの回収活動も行っています。

デロンギに送る場合の送料は各自自己負担となりますが、ゴミとして捨てることに抵抗があるという場合は、デロンギ宛(所定の住所があります)へ送るといいでしょう。

 

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!