不動産投資と暮らしの情報サイト

安定した収入を得るためには株式投資よりは不動産投資

257 views 2015.12.2

4cf9272476ca954ca761eb6d1de1bfed_m

将来安定した生活をするためにも、資産運用を考えているのではないでしょうか。

資産運用で考えつくのが株式投資でしょう。

私も以前株式投資を行っていましたが、安定した収入を得ることは本当に難しい。

株式投資を上手に行えば利益をもたせて株式投資は利益が見えないので不安が付き物。現金や金、株、不動産などお金を生んでくれるものはいろいろありますが、放置していてもお金を生んでくれるのは不動産投資です。

安定した副収入があれば、病気の時、収入が激減した時、いざという時などに助かりますよ。

 

マイホームは不動産投資物件にはならない

若いうちからマイホームを手に入れている人もいるでしょう。

マイホームは終の棲家であり、老後の心配をなくすためのもの。

不動産投資物件にはなりません。

お金を生んでくれる不動産を所持してこそ、不動産投資となるのです。

自分の家を買う余裕があるなら、収益型の不動産投資に回して財産を膨らませる方法も考えてみませんか?

 

豊かな老後のために

老後は年金だけで生活できることは難しいと分かっているでしょう。年金プラスアルファの収入があれば潤った生活ができます。そのプラスアルファを不動産投資によって収益を得るのです。不動産投資と言っても色々ありますが、ワンルームマンションや賃貸アパート、一戸建てなど。自分の資金と相談しながら、さらにリスクを考えて不動産選びをしたいですね。

 

新築物件と中古物件選ぶのはどちら?

不動産には中古物件と新築物件があります。

はたしてどちらのほうが利回りが良いのでしょうか。

一般的には中古物件のほうが新築物件と比べて利回りが良いと言われています。

新築物件は空室になりにくいので、リスクが低いです。

ただし、物件自体の価格が高いので利回りは低くなってしまいます。

それに比べて中古物件は空室になりやすいリスクがありますが、継続的に入居者が入ってくれれば利回りが高くなります。

ただ、修繕費が必要になることもあるので要注意です。

新築物件にも中古物件にも良い点悪い点があります。自分の投資スタイルに合う不動産投資物件を見つけましょう。

 

自己資金が少ない場合には

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_m

ある程度自己資金があれば新築にも手を出すことができますが、自己資金が少なければ新築物件には手を出しにくいでしょう。

不動産投資において自己資金は2000万あることが理想的ですが、1000万円以下の自己資金であっても選ぶ不動産物件によって成功することが可能です。

資金が少ないなら中古物件を探しましょう。

駅から近いなど、利便性の高い中古物件であれば空室リスクも低いです。

物件が良ければ確実に入居者は入ってきます。

不動産選びが本当に重要なポイントなのです。

 

不動産投資をしている人たちは

103a06a9ad95059c0b121ff3d74ad2cb_m

不動産投資をしている人は経済的に余裕があって豊かな人だけがしているわけではありません。

「賃貸物件オーナーの経営実態調査」によると、会社勤めをしながら不動産投資をしている人が全体の40%にもなります。年齢的には30代から50代が中心です。

もちろん一般家庭の主婦でも自己資金をやりくりして不動産投資を行っている人も多くいるのです。

 

不動産投資に興味はあってもどのような物件を選べばいいのかわからないという人も多いでしょう。

基礎知識無く不動産投資をはじめても安定した収入を得ることは難しいでしょう。

収益をしっかりと得たいのであれば、不動産投資について勉強することが大切です。

専門家に話を聞くことも良いでしょう。不動産投資の知識が十分頭に入ったら、不動産をチェックしましょう。

どのような物件があるのかは、インターネットを利用すれば容易に情報収集できます。

気になる物件があれば不動産会社に問い合わせればいいのです。

直接不動産会社に連絡を取ることで、もっと詳細な情報を教えてくれるでしょう。他の優良物件を紹介してくれるかもしれません。

信頼できる不動産会社の人と仲良くなって、投資の相談に乗ってもらえば不動産投資もうまくいきやすいでしょう。

若林 愛美

ライター若林 愛美

若林 愛美の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!