不動産投資と暮らしの情報サイト

高い金利で始めることのリスク!高金利だからこそ借り換えもできないかもしれない

143 views 2016.6.3

とりあえず不動産投資を始めるという危険な発想

住宅販売 虫眼鏡
(出典:© beeboys – Fotolia)

不動産投資の場合、お金を用意しなければ始めることはできません。
これから不動産投資を考えるとしても、収益物件を手に入れることができなければ投資も何もスタートさせることができないでしょう。
どのような収益物件であっても、利益が挙げられるものでなければいけません。
どんな物件にするのか、人によって違いもあるでしょう。
マンションやアパートの一部屋から始めるというのも最近のトレンドになってきています。

不動産投資ですので、この収益物件を手に入れるためにどうするのかを考える必要があるでしょう。
とりあえず不動産を手に入れたいと思うかもしれません。
それも珍しいことではないのです。

借り換えを前提にすることのリスク

loan
(出典:© taa22 – Fotolia)

金利などということは、あまり深く考えたりすることもなく、不動産投資を始める人もいます。
その場合、最も借りやすいということで高金利融資を見つけてくるかもしれません。
いずれ、借り換えという手段を使い、適切な銀行と話をすればいいのではないかと考えるのです。
これは、ある意味で正しい選択ともいえます。
不動産投資をスタートできれば、利益を発生させることができるようになるからです。
ですが、ある意味ではリスクばかりが高く目立つことになるのですから、正しい選択とはなりません。

さらに問題として、大前提の借り換えができるのかどうかということです。
高金利融資の後になるのですから、そんなにすんなりとできるとは限りません。
乗り換えができない可能性だって十二分にあるのです。

借換えができなくなれば予定は大きく狂うでしょう。
高い金利で大きな利息を支払い続けることにもつながります。
そうなれば、不動産投資で得た利益はほとんど利息に費やされることになり、利益など残らなくなってしまう可能性だって出てくるのです。

それでも、金利を高く設定している金融機関を使うということは、何もデメリットばかりではありません。
金利が高い代わりに融資までのスピードが速くなっていることも多く、審査も甘めになっていることがあるのです。

金利が高いということは、金融機関として利益を高く設定しているというだけではありません。
貸し出す相手のリスクをとても重く見ているということになるでしょう。
だからこそ条件も緩くすることが出来るようになり、いろいろな対象者に融資することも出来るようになるのです。
これがデメリットなのかといえば、そんなことはないでしょう。
少なくとも、不動産投資が出来るようになるのですから、メリットでもあるといえるのです。

高い金利が条件になっているメリットと投資を始めるタイミング

2_3
融資のスピード重視なら、高い金利もメリットになるかもしれません。
それでも、僅かな金利の差が利益を大きく減らすことになるのも確かです。
とりあえず始めるために、といった観点だけで選ぶようなことをすれば大きな損失を生み出すもとになることもあるでしょう。
それこそ無計画で、最終的に自己破産などという末路を辿ることも少なくないのです。

借り換えを考えるときにも、こうした条件でしか借りることができなかったと判断されることも出てきます。
そうなると審査は一段と厳しくなり、融資は難しくなるといえるでしょう。
少しでも早く始めたくても、それが大きな足かせになるかもしれないのです。

投資を始めるということは、タイミングが重要であることは間違いありません。
どのタイミングで始めるのかによって、将来も大きく変化してしまうでしょう。
金利の問題はそれだけ大きな影響を与えますので、簡単に考えず、一呼吸おいてから判断することも必要になるのです。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!