不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資を間違って大借金をしないため3つの心得

147 views 2015.12.2

不動産投資をした場合のこれは絶対に必要

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_m

不動産購入と同時に個人事業主になることになります。

事業主として企業共済というものがあり、これに入ることでリスクをどれだけ軽減出来るか、それを知っているのと知らないのでは、全然安心感が違います。

企業共済は、個人事業主や小企業の社長などが退職金の代わりにかける保険です。

不動産投資をするということは、りっぱな事業主ということになります。

何か、不動産でトラブルがあるかもしれません。

その時に、自分の貯金から捻出するのではなく、企業共済から借入れて使うことができます。

月々の掛金は、1000円から70000円まで掛けることができます。

全国で既に160万人もの人が利用しています。

その中には、不動産投資をしている人もたくさんいます。

共済金をかけ続けていて、解約はいつ出来るのでしょうか。

解約は、不動産運営をやめた場合、不動産運営を子供など他の人に譲渡した場合、死亡した場合には共済金を解約して、今までかけていたお金を払い戻してもらえます。

払い戻してもらえるお金は、基本共済金と加算共済金という2つのもので成り立っています。

 

不動産投資の保険はこれだけ便利

70875ea4fc507014d3948de34104c68b_m

企業共済金をかけるとしても、戻ってくる金額が掛金と一緒であれば意味がありません。

掛金に対して払い戻される金額には、基本共済金というのと、加算共済金というのがありますが、これは非常に便利なもので、掛けている金額内であれば、借り入れもできるという利点があります。

基本共済金の場合は、年率1.0%の利息がついて蓄えられていきます。

毎月1万円ずつ貯めていけば、10年後には結構な利息が付いてきます。

この利息は、銀行に預けるよりも高い利息ではないでしょうか。

それだけではありません。

加算共済金というものが付加されてもらえます。

加入していて損はないということではないでしょうか。

ほかにも、優遇されていることがあります。

借り入れができるということですが、普通に銀行に預けていると自分のお金なので引き出しはできますが、共済金の場合、銀行の定期預金より高利息でありながら、途中で出すことが出来るということです。

何か困ったときには、引き出せます。

手続きに手間が掛かりますので、銀行口座のようにすぐ出してしまうようなことはありません。

そのために、よほどのことがない限り引き出さないというメリットがあります。

ただ、不動産運営をしている時に、どうしても今お金が要るという時に便利なシステムです。

最低10万円以上で上限が1000万円まで借り入れができます。

あくまでも、現在の貯蓄額に対しての範囲内ということになります。

この制度は、昭和40年から始まっていて、いまでも続いています。

運営しているのが、独立行政法人となりますので、安心して預けることができます。

これだけ企業救済に入る人には便利なシステムですが、なぜそんなことが出来るのでしょうか。

それは、預けたお金を運用してお金を増やしているということです。

さらに、いいのが企業共済に預けているお金は税金が控除されます。

いくら預けてもそれは、預金ではなく非課税対象のお金になるということです。

これは銀行預金と全く違います。

銀行預金の場合は、余分なお金を預けているので、そのお金に対しても税金がかかります。

しかし、企業共済は掛金に対して税金がかかりません。

そのお金に国も絡んでいて、そのお金を運用して利益を出しているからです。

 

不動産投資の保険のデメリットも知っておかないと失敗する

1803cc004c662cb28c77508017083dbc_m

デメリットもないわけではありません。

それだけ多くのメリットばかりでもありません。

当然運用されていますので、失敗すればなくなることもありますが、ここは国がからんでいますので、民間の株への投資とは意味合いが違います。

ローリスク・ローリターンでしっかりと運用されているので安心できます。

澤田 博之

ライター澤田 博之

澤田 博之の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!