不動産投資と暮らしの情報サイト

だれでもできるアクアリウムのポイント!バクテリアとともに水をきれいに

168 views 2016.6.16

水槽を作るってなんだ?

3_15_1

(出典:Akatuki Design/http://kosodatesumai.akatukidesign.com/2016年6月15日)

水槽を作るということは、意外と簡単そうで難しい部分を持っています。
インテリアとして美しい代わりに、水というパッと見てわからない部分があるからです。
そこには、ろ過とバクテリアという問題があります。
ここさえクリアできれば、アクアリウムはそんなに難しくありません。
お子さんでも出来るようになり、家族でも楽しい存在になってくれるのです。
ちょっとしたコツをつかむことが重要ですので、まずは始めてみましょう。

立ち上げるということの意味はバクテリアにあり

Exif_JPEG_PICTURE

(出典:紅尾金龍 巨大化計画(魚帝)/http://surutos.blog68.fc2.com/blog-entry-700.html/2016年6月15日)

アクアリウムというと、水槽に水と砂を入れれば後は熱帯魚、と思うかもしれません。
ですが、これでは飼うことができないのです。
なぜかといえば、熱帯魚たちは生きています。
水の中で生活していくのですから、どんどん汚れていくものなのです。
そのたびに掃除はしますが、目に見えないレベルでも汚れていることが問題となってしまいます。

水を替えることで対応できる場合もありますが、
水を替えれば替えるだけ生き物にダメージを与えてしまうのです。
だからこそ、住みやすい環境を作ってあげることが重要になります。
よく水槽を立ち上げると呼ばれるのは、この作業なのです。

環境を作るには、ろ過ということが重要になってきます。
ろ過には3つの種類があり、
フィルターやスポンジで汚れを分けてしまう物理ろ過から始まり、
汚れの物質を吸着したりする化学ろ過、
バクテリアを定着させ不純物や有害物質を分解してもらう生物ろ過があります。
水槽を立ち上げる場合には、この中の生物ろ過を成立させるということがポイントとなります。

生物ろ過の環境と流れ

3_15_3

(出典:あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀/http://aquariusn.exblog.jp/m2009-04-01/2016年6月15日)

生物ろ過の環境を作るということは、アンモニアのような有害物質を無害なものに変える状態を指します。
水槽の中では、生物が住んでいれば必ずアンモニアが発生してきます。
強力な毒性を持っており、熱帯魚はどんどん耐えられなくなっていくのです。
そこで水を替えていけばいいのですが、
頻繁すると魚が弱ってしまうために、バクテリアを繁殖して硝化と呼ばれる反応をさせます。

まず発生したアンモニアをニトロソモナスというバクテリアが亜硝酸に変えて、
次にこの亜硝酸をニトロスピラというバクテリアが、もっと毒素の弱い硝酸塩に変えてくれます。
この硝酸塩は水草が吸収してくれますが、あまりに多くなると苔が生えます。
たくさん苔が生えると水を替えるというのが生物ろ過の一連の流れです。
ここまでできれば、水槽の管理は楽になってきますよ。

バクテリアを活かすことがポイント

3_15_4

(出典:アクアデイズ/http://aquadays.seesaa.net/article/169199657.html/2016年6月15日)

こうしたバクテリアは、好気性細菌と呼ばれています。
酸素がある環境を好むため、水中に多くの酸素を取り込めるようにしていかなければいけません。
実は嫌気性細菌と呼ばれる種類もあり、水が臭うのはこいつらが問題です。
毒素も出していきますので、とにかく酸素のある環境を作りましょう。

このバクテリアは水中で自然発生しますが、増やすのにもっと効率を上げる必要があります。
そこでバクテリア剤と呼ばれるものを使いますが、まず問題が出たりすることはないので安心して使えます。

フィルターを買ったりすると、こうしたバクテリアがセットで付いてくることもあるでしょう。
一番怖いのがフィルター交換で、この時にバクテリアの大半も捨ててしまうことなのです。
そのため水交換とフィルター交換は同時に行わないようにしたり、
フィルター交換する際には新しいフィルターを古いものと一緒に使ってから、古いほうを捨てたりします。
こうすることでバクテリアを死滅させないようにするのが、アクアリウムのコツなのです。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!