不動産投資と暮らしの情報サイト

除湿にも冷房にも欠かせないクーラー!危険な思いをする前にお掃除を

135 views 2016.6.16

じめっとした季節から始まるエアコンの出番

3_42_1

(出典:愛生クリーニング/http://www.aisey.com/aircon/2016年6月16日)

じめっとした季節がやってくると、エアコンの出番でしょう。
冬場はストーブを使うことで、エアコンを使わなかったりすることも多いはず。
意外と期間が開いてしまうこともあり、じめっとした季節につけ始めるのは、ちょっと考えてしまいます。
室温の調整のためには欠かせないエアコンですが、
長く使っていないと付けた瞬間に異臭がするなんてことも出てくるでしょう。
分かっていても何も出来ずに我慢したりすることもありますが、この臭いの原因はカビです。
健康にも良くないカビが臭いを発しているのですから、何とかしなければいけません。
でも、業者に頼むと1万円以上かかると考えると、ゾッとしてしまうことでしょう。
そこで、自分で掃除してしまえばいいのです。
これで快適な生活ができるのであれば、チャレンジあるのみでしょう。

エアコンの掃除は意外に簡単

3_42_2

(出典:エネチェンジ/https://enechange.jp/articles/air-conditioner-cleaning-by-myself/2016年6月16日)

エアコンを掃除するための道具は、掃除機と歯ブラシ、雑巾とぬるま湯でOK。
必要な道具は意外と身近なものばかりです。

道具を用意したら、まずはエアコンのコンセントを抜きます。
感電したら冗談では済みませんし、エアコンも壊れてしまいますので、必ず抜きましょう。
誤作動で怪我をしたりするのも防げます。

エアコンの上部から掃除を始めますが、まずはゴミを掃除機で吸い取り、硬く絞った雑巾で拭き取りましょう。
軽く掃除機をかけてから拭かないと、ほこりが固まって取れなくなります。

前面にはパネルがあり、中にフィルターがあるでしょう。
必ず外せるようになっていますので、掃除機で汚れを吸い取ってフィルターを外して雑巾で拭き取ります。
乾燥させている間に、吹き出し口やルーバーなど目に見えて汚れているものは、どんどん取り除きましょう。
フィルターをセットしてパネルを戻したら、電源を入れて送風運転します。
基本はこれだけです。

とにかく見えているゴミは、掃除機で吸い取ってから吹き掃除が基本です。
フィルターは外から吸うのが基本で、内側から吸うと目詰まりを起こします。
取れなかった汚れは、歯ブラシで掻き出してしまいましょう。
どうしてもフィルターの汚れが取れない場合や、
たばこを吸われている場合には、お風呂場で専用洗剤を使って洗います。
これだけでもかなりキレイになりますが、必ず乾いてからセットすることを忘れずに。

本当に怖いエアコンに潜むカビと夏型肺炎

3_42_3

(出典:五本木クリニック/http://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=10883/2016年6月16日)

何故こんなに丁寧に掃除をするのかといえば、カビが原因だからです。
ほこりも撒き散らすことになり、それを吸い込めば健康被害が出でしまうことになるでしょう。
ハウスダストに弱い人は、非常に辛い思いをすることにもなってしまいます。

もう1つ、ゴミが詰まったままの状態になると空気の流れが弱くなることは当然です。
そのぶん空気を取り込み送ろうとすれば、エアコンに負荷をかけることになるでしょう。
さらにパワーを上げることになるのですから、消費電力はどんどんと増えます。
当然電気代は余計にかかり、経済的に負担が増えます。
その結果、エアコンをつけられなくなれば、もう悪循環としか言いようがありません。
そうならないようにするためにも、掃除をすることがポイントとなるのです。

エアコンにつくカビですが、驚くほど危険なことがあります。
夏風邪と思っていたら実はカビを吸い込んで、夏型肺炎を引き起こしているというケースもあるのです。
最悪の事態に陥れば、肺炎が慢性化することも考えられます。
健康のために使っているエアコンが、病気になるために使われたのではシャレになりません。
掃除をするだけで大部分を除去できますので、ちゃんと掃除してからエアコンを使うようにしましょう。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!