不動産投資と暮らしの情報サイト

「用途地域」を理解すると、どんな用地か足を運ばずに想像できるようになる!?

145 views 2016.11.28
「用途地域」を理解すると、どんな用地か足を運ばずに想像できるようになる!? 出典:PhotoAC
目次

1.「用途地域」って何?

2.用途地域の分類

3.用途地域を理解すれば、行かなくても用地が想像できる!?

1.「用途地域」って何?

住宅や商業ビル・工場などが無秩序に混在し過ぎると、当然生活環境や利便性が損なわれます。
これを抑える法律が「都市計画法」です。

都市計画法では「都市計画区域」が定められ、さらに「市街化区域」と「市街化調整区域」とに分けられます。
市街化区域は、市街地として優先的に整備される区域で、市街化調整区域とは、逆に市街化を抑制される区域です。

その市街化区域に「用途地域」が定められています。
用途地域とは、市街化区域を12種類に分け、建蔽率(敷地面積に対する建築面積の割合)や容積率(敷地面積に対する建築物の延べ床面積の割合)・用途などで規制される地域を言います。

なお、他にも、「建築基準法」や他の法令で規制を受ける場合があります。

2.用途地域の分類

用途地域の分類 出典:PhotoAC
【住居系】

◇第一種低層住居専用地域:低層住宅のための地域。戸建てや低層マンションの他、小中学校やごく小規模な店舗も建てられます。

◇第二種低層住居専用地域:主として低層住宅のための地域ですが、第一種よりも大きな店舗(150㎡まで)も建てられます。

◇第一種中高層住居専用地域:中高層住宅のための地域。低層住居専用地域の用途に加え、ある程度高い居住物件も建てられ、病院や大学・500㎡までの店舗も建てられます。

◇第二種中高層住居専用地域:第一種中高層住居専用地域の用途に加え、1,500㎡までの店舗や事務所なども建てられます。

◇第一種住居専用地域:住居のための地域ですが、3,000㎡までの店舗や事務所なども建てられ、小規模な工場も建てられます。大規模なマンションも多い地域です。

◇第二種住居専用地域:第一種住居専用地域の用途に加え、パチンコ店なども建てられます。

◇準住居地域:住居系ですが、道路の沿道に定められ、自動車修理工場なども建てられる地域です。

【商業系】

◇近隣商業地域:近隣住民が日用品を買うための店舗が主に建てられる地域。小規模な工場も建てられます。

◇商業地域:主に商業のための地域。利便性はいいですが、多くの用途の建物が建てられるため、日照や騒音など環境には注意が必要です。超高層マンションも建てられます。

【工業系】

◇準工業地域:主に環境悪化の恐れがない工場が建てられる地域。ですが住宅も多く建っています。

◇工業地域:どんな工場も建てられる地域。ただし学校や病院・ホテルなどは建てられません。住宅も建てられますが環境には注意が必要です。

◇工業専用地域:専ら工場のための地域で、住宅や店舗・学校などは建てられません。

3.用途地域を理解すれば、行かなくても用地が想像できる!?

用途地域を理解すれば、行かなくても用地が想像できる!? 出典:PhotoAC
例えば、東京駅や新宿駅周辺は「商業地域」が広がり、中には「容積率1,000%以上」の所もあり、『高層ビルが林立する街』が想像できます。
こういう場所は、超高層マンションや、一方で単身赴任や独身者向けの居住物件も多いと考えられます。利便性はいいですが、日照や騒音などに注意する必要があるでしょう。

対して、世田谷区や中野区などは、「低層・中高層住居地域」が多く、その中で駅や主要道路を中心に「商業系地域」があるといった、『住宅と近隣商店街から成り立つ街』が想像できます。
こういう場所はファミリー向けの居住物件も多いでしょう。ただし最寄駅やその路線など利便性に注意を払う必要があります。付近に大学がある場合、単身者用の物件も多いかもしれません。

足立区などは、「住居系」「商業系」「工業系」が混在しており、『町工場の街』が想像できます。
こういう場所の物件は、平日と休日で工場などの騒音に違いがあるため、日時を変え複数回確認した方がいいでしょう。

物件周辺の用途地域にも配慮が必要です。お目当ての物件がいくら「低層住居専用」でも、隣接して「商業系や工業系地域」があると、近くにいきなり高層ビルや工場が立って環境が悪化する懸念もあります。

このように、用途地域を理解することで、目的の物件がどんな用地か、その環境はどんなか、ある程度想像がつくのです。
見に行く前に把握しておけば、どんなことをチェックすればいいか予め考えておくことができます。

用途地域はネットでも容易に調べることができます。

皆さんもぜひ「用途地域」を理解して、お目当ての物件の環境を知るのに役立てて下さい。
物件周辺の環境を想像するだけでも楽しいですよ。
佐藤 信長

ライター佐藤 信長

佐藤 信長の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!