不動産投資と暮らしの情報サイト

あなたの生活に緑を!リラックスは自宅から。

128 views 2015.12.3

02c32aa6cb5baf76349ec12cdb3aef56_m
緑の少ない場所で生活していると、ときどき植物や花を見たくなる時はありませんか?近くに大きな公園や植物園などがあれば、気軽にリラックス目的でお出かけできますが、緑が多い場所がなかったり、なかなか時間が取れなかったりと、リラックスしたり、現実を忘れるような環境は作りにくいものです。
そんな時は、自分の家で植物や花を育ててしまえばよいのです。
そこで今回は、初心者でも手間暇かけずに育てることのできる、観葉植物や野菜などを調査してみました。

家の中で幸せを。観葉植物を育てよう!

4c01af3fa2717b4fcb453ff16855c7ac_m
恐らく一番簡単に緑を作る方法は、観葉植物を育てることでしょう。
観葉植物のいい点は、すぐに入手できる、小さいものから、ある程度成長した植物まで、さまざまな大きさ、種類の植物を購入できる、自分の気に入った植物、自分の部屋にあいそうな植物を購入できる、などの点があるでしょう。
観葉植物は、ホームセンターはもちろん、今では通販でも購入できます。
なので、わざわざ外に買いに行かなくても、通販なら自宅に植物が届くので、手軽に始めることができ、大変便利です。
何を育てたらよいのかわからない方のために、おすすめの観葉植物もいくつかご紹介します。
葉っぱが大きめで、南国の雰囲気を感じられるオーガスタ、独特な見た目や管理のしやすさから、観葉植物のなかで人気があり、寒さや日陰に強いガジュマル、数種類の植物を育てる場合でも、他の植物に合わせやすいアイビー(ヘデラ)などがあります。
それでも、家の中で植物を育てることに抵抗がある方もおられるでしょう。
そんな方は、ベランダや外の少しのスペースでも育てることのできる葉野菜や野菜をお勧めします。
その点は次の見出しで詳しくお伝えします。

育てるついでに食べちゃおう!育てやすい葉野菜、野菜

8db8639be89c47dc3839cc5520162161_m
家の中で植物を育てることに抵抗はあるけど、緑は欲しいという方。
そんなあなたにおススメなのが、葉野菜、野菜を育てることです。
観葉植物を育てるよりは、少しの手間暇が必要ですが、一番の良いところは、成長した後に収穫し、食べることができるという点です。
これでもしあなたが料理好きなら、緑も増やせて、料理にも使える、まさに一石二鳥の方法なのです。
それでは最初に初めての方でも育てやすい野菜をご紹介します。
一つ目はミニトマトです。
ミニトマトを育てる方法は、種からと、苗からの2種類がありますが、簡単に始められるのは苗から育てる方法です。
花が開いてきたら、支柱を作ってあげる必要がありますが、少しの水やりと、風通しがよく、日当たりが良い場所に置いておくだけで、どんどん成長しますので、簡単に育てられます。
収穫後は生で食べたり、サラダに使ったりと、様々な料理に使うことができるので人気がある野菜です。
二つ目はキュウリです。
暑さや外注病に強く、乾燥に弱いので、一日二回ほど水やりを欠かさず行えば、どんどん成長していきます。
こちらもミニトマト同様、成長につれて支柱が必要ですが、鉢と支柱がセットになっているものを購入すれば、その手間は省けるでしょう。
そのまま食べてもよし、サラダに入れてもよし、料理に万能なキュウリも家庭菜園では人気があります。
次にご紹介するのは、葉野菜です。
こちらもベランダや外の空いているスペースで簡単に栽培ができます。
代表的なものはパセリ、バジル、シソなどです。
バジルの場合、成長を見計らって、育苗ポットからプランターに移し替えるという作業が発生しますが、その後は食べたいときに必要な量を収穫し、また新たに葉っぱが成長してくれば、また収穫するというサイクルを繰り返しますので、手間がかかりません。
しかも、いろいろな料理にも使えるので、おすすめです。
お店で買うものよりも新鮮ですし、収穫する喜びも味わうことができるのも楽しみの一つですね。
今回は、身近なところに緑を作る方法を特集してきました。
手軽に室内で育てられる観葉植物や、収穫や食べる楽しみがある野菜など、工夫一つで緑を増やしていくことができます。
緑をどんどん増やしてストレスの少ない、リラックスできる自分だけの空間作りを楽しまれてください。

狭山 亮介

ライター狭山 亮介

狭山 亮介の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!