不動産投資と暮らしの情報サイト

知っているだけで印象が大違い!快適な部屋にするための家具選び

160 views 2015.12.3

快適な部屋にするためには、しっかりと家具を選びましょう

家具は部屋の中で大きな場所を専有しますので、家具によって部屋の使い勝手や印象が大きく左右されます。
購入した家具を買い換えるのは大変ですから、部屋に応じた家具を購入するようにしましょう。

無駄な家具を置かないこと

6750410044b803d38e91cc6b037dd1f0_m
家具が多過ぎると、部屋が狭くなってしまって、快適に生活することができません。
家具を処分するのには費用が必要となりますし、大きな家具を搬出するのも大変ですから、無駄な家具を部屋に置かないためには、一度に家具をそろえようとしないで、少しずつ家具を買うようにしましょう。
どうしても必要な家具だけを購入するようにして、無駄な家具を置かないようにすれば、部屋を広く使うことができます。
家具を置くスペースのサイズをメジャーで測って、そのサイズに収まるような家具を選ぶようにしますが、目一杯スペースを使うのではなく、余裕を持ったサイズの家具を選ぶようにしましょう。
家具の少ない余裕のある部屋は、生活にも余裕が出て来ます。

長く使える家具を選ぶ

家具を買う時は、長く使えるようなものを選ぶようにしましょう。
その時の気分で変わったデザインの家具を買ったり、ただ安いだけの家具を買うと、次第にその家具が物足りないものに見えてくるでしょう。
いくつものお店を回って、慌てずにゆっくりと探せば、良い家具に巡り合うことができます。
家具は、毎日使うものですから、品質が良くて落ち着いた感じのものを、選ぶようにしましょう。

寝ることもしっかりと考える

7c1e42ccc1926814a24b5108de39dd0b_m
睡眠は、生活の基本となるものです。
どのようにして寝るのかも、きちんと考えなくてはなりません。
家具の隙間に布団を敷いて寝るのではなく快適に寝るために、体を十分に伸ばせるスペースを確保するようにしましょう。
ベッドを置きたいのであれば、まずベッドをどこに置くかを考えるべきです。

しっかりとした机を選ぶ

あまり机を使わない人も、しっかりとした机を買うようにしましょう。
安定しない机だと、机で食事をする時や資料やパソコンなどを置いて作業する時に、落ち着きません。
落ち着いて使える机がないと、外に食事する機会が増えたりして、部屋にいる時間が少なくなってしまうでしょう。
少し余裕があるサイズで、どっしりとした机を購入すれば、安心して自分に部屋で食事や仕事をすることができるでしょう。

整理するための棚を購入する

4adec9fe4225d26fb9c8fe5c170c1f20_m
持っているものが少ない人などは、整理するために棚を購入せずに、床に置いたり、段ボール箱を使って整理することもありますが、整理棚を使うべきです。
ものをきちんと整理しておかないと、必要なものを探すのに時間が掛かりますし、部屋全体が雑然とした印象を与えます。
時間の経過と共に、ゴミが散乱する部屋になってしまう可能性があります。
整理棚を使った方が、効率的にものを整理することができますので、部屋全体を整理整頓しやすくなります。
整理棚の決まった場所にものを置くようにすれば、部屋が散らかるのを防ぐことができるでしょう。

全体的に統一されるような家具を選ぶ

購入する家具は、統一感のあるデザインと色にすると良いでしょう。
統一感があると、落ち着いた雰囲気が出てきますが、デザインや色がバラバラだと、何か落ち着かない感じがしてしまいます。
部屋ごとに、同じような色やデザインの家具を置くようにしましょう。
展示されている家具だけを見て判断するのではなく、部屋に置いてある家具や今後のことも考えて、家具を選ぶことが大切です。
初めに、どのような部屋にするのかを決めておけば、後で統一感を出そうと苦労することもなくなります。
快適な部屋作りは、計画的にするようしなくてはなりません。

三田 照正

ライター三田 照正

三田 照正の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!