不動産投資と暮らしの情報サイト

外貨預金とFX(証拠金取引)は投資初心者にとってはどっちがお得?

202 views 2015.12.3

最近は機関投資家以外にも個人投資家が外貨に対して投資をすることも増えて来ました。
その背景には巨額の資金が無くてもスタートできる環境やサービスが充実して来たことが挙げられまして、その結果として一般サラリーマンでも一定の資金運用を達成している方も非常に少なくないでしょう。
しかし、外貨投資には大きく分けて2つのタイプがあってここではその特徴を見ていくことにします。

外貨預金とは?

e080599df6c82d4df71bd0f2ad64ddec_m
外貨投資のうち、昔からあるものとして国内金融機関を通した外貨預金があるでしょう。
これは特定の外貨について、金融機関が設定する一定のレートで購入を行って外貨価格が上昇した場合に売却して差益を稼ぐ投資方法です。
基本的にすべての外貨に変動相場を使用している日本は、外貨預金のサービスにて元本割れのリスクを持っているでしょう。

ただし、購入した金額によっては大きく上昇して利幅を稼ぐことが期待できますので、底値の見極めが極めて重要となって行くでしょう。
ただ、一般的に値段が納得いかない限りはずっと保有ができますので、売却したい価格になるまで待つことが可能なのです。

人気のFXの特徴

c722438242d4d97a0fe301974ee677d3_m
個人投資家にまで外貨投資を浸透させたと言われているのがFX(証拠金取引)です。
これは一定の証拠金を預けて、その資金の範囲内で外貨を購入若しくは空売りして利鞘を稼ごうと言うビジネスモデルになります。
超短期や長期投資まで比較的少ない資金で投資が行えるために、個人投資家には非常人気の金融商品と言えるでしょう。

しかし、一般の外貨預金と異なるのは証拠金に一定の損失が生じるとその時点で損失が確定してしまうリスクがあることです。
外貨為替は一瞬にして暴落する恐れも高いために、証拠金に対する損失確定ラインに容易に達しやすい傾向にあります。
ある程度額の証拠金を入金しておけば良いですが、多くの個人投資家は非常にギリギリの額で取引を行っているのです。

いずれにしても元本保証が無いことに留意!

このように、日本におけるメジャーな外貨商品を見てみると少なくとも元本の保証は一切されていないことが分かります。
つまり、順調に外貨が上がって行けば金融機関にも利鞘を生み出しますが、急激に下がれば金融機関も損失が大きくなると言う訳です。
言ってみれば外貨サービスは、金融機関にとっても預金保証を提供できないくらいハイリスク・ハイリターンの商品であることを意味するでしょう。

よって、このサービスを提供する金融機関においても元本保証が無いことを契約でも通知はしているのですが、非常に多くの方が認識していないと言える訳です。
多くの方は投資して一定額の利益を出した後に、暴落してしまって損失を出すことで元本保証が無いことに不満を漏らすことさえもあります。

短期・長期運用による使い分け!

外貨商品で非常に重要なことは、資金に見合ったトレードを行うことです。
つまり、資金に余裕があればあるほど外貨の長期保有が可能となります。
特に少ない資金で投資が可能なFXに関しては、自動損切りが設定されていますので長期投資には決して向いてはいません。
これは、どんなに資金に余裕があっても同じことです。

その一方で、通常の外貨預金になると金融機関に有利なレートでの購入が求められますので、利益の確定まで時間が掛かることも多いのです。
その代わり、少ない資金・多い資金に関わらずに一度保有した外貨は交換するまでなくなることが有りません。
そのため、長期投資にマッチしているのがまさに外貨預金となるでしょう。

リスクを知れば自ずと向いている投資が見えてくる!

7dcedf3f6517b1ef70cd8aa394523bb7_m
先述で述べて来たように外貨投資には幾つかのリスクが存在していますが、残念ながらこれらのリスクを十分に理解した上で投資をスタートされる方はほとんどいないでしょう。
そして、これが外貨投資に失敗するそもそもの原因とされます。
非常に基本的なことですが、外貨投資はリスクを理解していれば自ずと自身にあった資金管理のやり方が見つかる投資タイプです。

リスクの中でも少ないチャンスを掴んで利益を最大限に上げて、万が一損失が出る時でもそれを最小限に抑えることが外貨投資の本来の姿と言えるでしょう。
これを達成するためにまずは基本的なリスク管理を身に着けてください。

資金が増えると海外オフショア口座へ

日本にいても外貨投資は可能ですが、実は資金があれば外国の銀行にオフショアの口座を作って預金を入れたほうが更に安心だと言えます。
それは金利がゼロの日本とは桁違いに高いからです。
つまり為替のリスクは存在していても、外貨建ての預金は常に増えて行くと言う安心性があるからでしょう。
ただし、どうしても海外に直接言って口座を開かなければならないことが一般的と言えます。

田中 隆二

ライター田中 隆二

田中 隆二の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!