不動産投資と暮らしの情報サイト

人気高まるソーシャルレンディング 〜借入に投資にと、広がる可能性

196 views 2017.1.13
人気高まるソーシャルレンディング 〜借入に投資にと、広がる可能性
ソーシャルレンディングという金融手法が脚光を浴びています。市場規模は右肩あがり、認知度もだいぶ向上してきました。貸し手にも借り手にもメリットがあり、まだまだ成長する余地があります。

名前からすると不動産投資とあまり関係なさそうですが、実は深い関係にあります。さらなる収益向上を目指すスーパー大家さんにも、不動産投資をしたくてもなかなかできないという人にも朗報です。
目次

1.ソーシャルレンディングとは?

2.最も多く使われているのは不動産の購入

3.ソーシャルレンディングは関接的な不動産投資だ

4.まとめ

1.ソーシャルレンディングとは?

資金を提供したい人とされたい人をインターネットなどでつなぐクラウドファウンディング。ソーシャルレンディングは、その中の「貸付型」に分類されます。貸し手にとっては高利回り、借り手にとっては低利息、小口融資も可能なことから、人気を呼んでいます。日本には2008年に初めての仲介会社が設立され、現在では数十社が営業しています。2015年には新規案件の金額が300億円を超えました。

クラウドファウンディングはもともと借り手と貸し手が直接契約するものですが、日本の法制上、貸付型でそれをするのは困難です。貸し手は貸金業の許可を受けた仲介会社にお金を渡し、仲介会社はそのお金を借りたい人に貸し付けます。ほとんどがインターネット上のサイトを通じて契約します。

貸付なので株や債券と違って価格が上下することはなく、貸し手は利息のみで収益をあげることになります。利率は5%~8%くらいが多く、投資としては高利回りです。借りる側からすれば、事業性ローンの6%~18%と比べると、低利率での借り入れができます。貸付期間は半年~5年程度と短い期間がほとんどです。

2.最も多く使われているのは不動産の購入

ソーシャルレンディングでもっとも多いのは、不動産担保付き事業者ローンです。所有している不動産を担保に、事業に必要なお金を融通してもらおうというもの。この不動産担保の評価や事業者の審査は、仲介会社が行います。借り手の業態でもっとも多いのは、不動産業です。不動産担保付きということや安定した不動産収益を見込めることなど、相性がいいのでしょう。不動産業専門の仲介会社もあります。

不動産業者にとっての大きな魅力は、審査のスピードが早いことです。また、銀行と比較して融資の条件や返済計画を比較的自由に立てられ、場合によっては低金利となるため、多くのメリットがあります。

資金を借りたい人は、仲介会社の取引用サイトの借りたい人向けのページから手続きします。必要事項を入力し、事業計画書などを送ると、銀行同様、仲介会社による審査が入ります。事業の収益性、担保価値、信用情報などを精査されます。問題ないということになれば、取引用サイトで資金が公募されます。貸し手はこれを見て仲介会社にお金を振り込み、募集期間が過ぎるか資金が満額集まると、仲介会社から事業者に集まったお金が渡されます。

3.ソーシャルレンディングは関接的な不動産投資だ

ソーシャルレンディングを通じて不動産業者にお金を貸すということは、間接的に不動産投資をしているのと同じことです。不動産投資に興味はあるけど自己資金がない、ローンを引く自信がない(または断られた)という人でも1万円程度の少額から投資が可能です。標準的な利回りの5%~8%も、物件を探す手間がないことを考えると魅力的です。

事業が失敗すれば、お金を返してもらえない(貸し倒れ)リスクがあります。これを最大限予防するために、仲介会社が審査し、担保をとっています。返済を保証することもあります。
日本におけるパイオニア、最大手の仲介業者maneo(マネオ)では、企業向融資については2016年11月時点で貸し倒れの実績は1件もありません。

不動産投資信託(REIT)と比べたときの大きな違いは流動性です。証券を売買する投資信託では、お金が必要になったらすぐに市場で売ることができますが、ソーシャルレンディングは住宅ローンなどと同じ資金の貸し付けなので、他人に売ったり返済を早めてもらったりすることは困難です(借り手の都合で早く返済されることはあります)。

ソーシャルレンディング市場が活発になれば、不動産市場にたくさんお金が入ってきて、取引が活発になります。現物の不動産価格やREITの上昇要因となるかもしれません。不動産投資家にとっても、投資家になりたい人にとっても、多くの可能性が広がっています。

4.まとめ

・ソーシャルレンディングは、不動産の取得を目的にされることが多い。
・銀行の融資条件が合わなくても、ソーシャルレンディングで借りられる可能性がある。
・手軽にできる不動産投資としてもおすすめ。
ファイコロジスト 山田

ライターファイコロジスト 山田

ファイコロジスト 山田の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!