不動産投資と暮らしの情報サイト

民泊サイト「Agoda」への物件掲載のススメ【現役サラリーマン大家が語る!Vol.15】

282 views 2017.1.30
民泊サイト「Agoda」への物件掲載のススメ【現役サラリーマン大家が語る!Vol.15】
民泊というとAirbnbというイメージが皆さんの中にあるのではないでしょうか?
しかし、最近はAirbnbだけでなく多くの会社が民泊サイトを運営しています。
本日はAirbnb以外で私が物件掲載をしている、Agodaという民泊サイトについてお伝えしたいと思います。
目次

1.登録作業はAirbnbと比べると時間がかかる

2.料金受取方法は銀行送金かPayPal

3.客単価はAirbnbよりも高い傾向

1.登録作業はAirbnbと比べると時間がかかる

登録作業はAirbnbと比べると時間がかかる
まず、悪い話からなのですがAirbnbの場合は、Airbnbというサイトに必要情報を登録するだけで簡単に登録することができます。しかしAgodaでは、電子署名をした契約書を本社のシンガポールに申請し、それが承認されて初めて「物件掲載開始」という流れになります。

Airbnbは自分だけで作業が完結するので必要な情報さえ持っていれば、1日で登録作業が終わるのに対してAgodaでは相手に承認してもらうという作業が発生するので、その間待たなければなりません。

しかも、これはAgodaの登録が増えない致命的な欠点だと考えているのですが、スタッフの対応が遅いのです。

Airbnbではコールセンターもしっかりしており、質問した事項に関しては遅くとも1日以内に何らかの回答が来ます。
しかし、Agodaではコールセンターはあるものの、まず日本のコールセンターに質問をし、日本のスタッフが本社シンガポールのスタッフに確認メールを打つという流れが必要なこともあり、その場合Agoda本社シンガポールのスタッフからの連絡待ちということになりますので、それ相応に待たされます。

私は4部屋登録するのに1ヵ月かかりました。
時間がかかったのは契約書の承認です。

また、Airbnbとサイトのインターフェースがだいぶ異なるので慣れるまでに時間がかかるということもあります。総じて申し上げるとAirbnbの方がホストにとっては、やや使いやすいサイトということは間違いありません。

2.料金受取方法は銀行送金かPayPal

あと皆さんが気になるのは料金の受取方法ではないでしょうか?
Airbnbではチェックイン日の翌日に銀行送金という方法で、料金を受領している方が多いかと思います。Agodaではチェックアウト後に自分でAgodaに請求するという流れになっております。

受領方法には銀行送金とPayPalがあるのですが銀行送金は1ヵ月に1回まとめて翌月の定期日に送金されるのでキャッシュフロー上、宜しくありません。ということで、私は毎回チェックアウト後に請求することが可能なPayPalの方式を選びました。

PayPalでの料金請求方法について、請求待ち予約リストというボタンがあるのですが、そこに請求可能なリスト(既にチェックアウト済みゲストの宿泊料金)が表示され、その金額をサイト上でAgodaへ請求すると、その瞬間PayPalへお金が移動します。
この作業自体は簡単です。

そしてPayPal→銀行へお金を引き出すのですが、一連の流れを最短でやったとしても、チェックアウト後から3日~5日はかかるのでAirbnbと比べるとお金周りは悪くなってしまうことを、頭に入れておいた方が宜しいかと思います。

3.客単価はAirbnbよりも高い傾向

ここまでAgodaの悪い側面ばかり申し上げましたが、良いところがあるからこそAgodaに物件掲載を行っております。

何が良いかというと、Agodaは宿泊料金の単価が高くAirbnbと併用することで収益が最大化される可能性が高いと考えている為です。

AirbnbとAgodaの予約カレンダーはI-CALというシステムを活用することにより、同期することが可能です。これにより1時間ごとに双方のカレンダーが同期されるのでダブルブッキングの失敗がなくなります。

2つのサイトでの二刀流運営を始めてみて感じるのがAgodaでは直前の日にちであっても高い料金で予約が入ることが、ちょこちょこあります。

Airbnbは直前になればなるほど、周りのホストも料金を下げてきているので、例えば1日前になると、ほぼ儲けがないくらいの料金にしています。

しかしAgodaではゲストの方があまり周りの料金をチェックしてない方が多いのか、直前であっても元々の料金で予約が入ったりすることがあります。

従ってAgodaの使用方法としては、Airbnbをメインサイトとして使用することは今まで通り行いAirbnb上で予約が入らない日に、Agodaで予約が入れば良いなという使い方で私は運用しています。

Agodaでも宿泊料金の変更はできますが、2つのサイトの料金を毎日変更するのはそれなりの手間がかかるので
“負担がかからない程度に収益アップさせる”というコンセプトで私は運用しています。

初期登録には若干時間がかかるかもしれませんが、一旦登録しておけば、あとは流れに身を任せるだけです。
是非トライしてみていただければと思います。
中林 準

ライター中林 準

中林 準の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!