不動産投資と暮らしの情報サイト

スポーツチームの本拠地移転が不動産に与える影響とは

167 views 2017.1.16
スポーツチームの本拠地移転が不動産に与える影響とは
2016年、プロ野球で日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズが現在本拠地としている札幌ドームから、他の球場への本拠地の移転を札幌市に通達したことが話題になっています。毎週、毎日のように何万人もの人が観戦に訪れるプロスポーツチームの本拠地の移転は、交通インフラや飲食店などの商業に大きな影響を与え、不動産売買価格においてもそれは無視できない要因となるでしょう。では実際にプロ野球チームの本拠地が移転した場合に、どの程度の影響が予測できるのでしょうか。
目次

1.なぜ日ハムは本拠地を移転するのか

2.過去にプロ野球チームの本拠地ができたときはどうなったか

3.日本ハムファイターズはどこへ移転するのか

4.まとめ

1.なぜ日ハムは本拠地を移転するのか

まず北海道日本ハムファイターズは、札幌ドームからなぜ本拠地を移転しようとしているのでしょうか。
その大きな理由は、自分たちの所有する球場ではなく、使用料金が毎年何億円もかかることが挙げられます。正確な金額は明らかにされていませんが、約10億円にもなり、チケット収入の数割が球場の使用料になっているとも言われます。また球場で販売されている飲食物の収入も球団の収益とはならず、グッズなども代金の一部を球場側に支払わなければいけないなど、球団にとっては不利な条件での契約であったのです。

プロ野球チームが球場を借りているだけで、収益率が非常に悪い、もしくは悪かったという事例は多数あり、ソフトバンクホークスは福岡ドームを買収し、自分たちの経営家に置くことで収益率を改善。横浜DeNAベイスターズも横浜スタジアムを買収しています。

また球場がサッカーチームと共同しようなので、スケジュールが組みにくい、グラウンドコンディションが野球向きでなく、怪我が起こりやすいなどの要因もあり、北海道日本ハムファイターズもついに、自分たちで自由にできる球場の建設に乗り出したのです。

2.過去にプロ野球チームの本拠地ができたときはどうなったか

過去にプロ野球チームの本拠地ができたときはどうなったか
ここで気になるのは、過去に同様の例があった時に、どうなったかでしょう。2005年に先代に新設された東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地は、宮城球場を改築し、そのまま使用されています。また球場の名称は数年ごとに命名権を売りに出されており、現在は楽天koboスタジアム宮城という名称になっています。

この球場がある仙台市宮城野区の球場周辺の土地価格相場は、
チームができた2005年 13万4269円/m2、44万3865円/坪 でした。
2016年は 15万6580円/m2、51万7619円/坪となっており、
前年から +7.04%上昇と売買価格が上昇しています。

宮城県の調査による東北楽天ゴールデンイーグルスの経済効果は1試合で約2億円とも言われており、現在ではインフラの整備、仙台やその周辺エリアの知名度向上、商業的な設備の増加に寄ってそれらの経済効果が生み出されています。観客が利用する店が多くできればそれだけ不動産の賃貸価格も上昇しますし、インフラが整備されればこれも地価の上昇要因となるでしょう。

仙台市の2005年の平均地価と2016年の地価を比較すると
坪単価が 50万5303円から 54万2064円に上昇していますが、
宮城球場周辺の上昇率は市の平均を大きく上回るものになっています。

またチームの経営が変わった例を挙げると、横浜ベイスターズを2012年にDeNAが買収しましたが、低迷していたチームにテコ入れをし観客動員数を2012年から2016年の5シーズンで約1.8倍に増加させることに成功しました。その結果やはり大きな経済効果が生まれ、周辺の経済も活性化しています。

横浜スタジアム周辺の地価を見ても2012年は 54万1000円/m2 、178万8429円/坪 でしたが
2016年では 66万0142円/m2、218万2290円/坪 と4年間で大きく上昇しています。

観客の増加及び発生に伴う不動産価格への影響の大きさは決して無視できるものではないことが分かるでしょう。

3.日本ハムファイターズはどこへ移転するのか

日本ハムファイターズはどこへ移転するのか
では、気になる北海道日本ハムファイターズの移転先ですが、現在最も有力な球場の建設先と言われているのが北広島市のきたひろしま総合運動公園です。

最寄り駅は千歳線の北広島駅ですが、約1キロの距離があり、球場へ気軽に行ける距離とはいえない距離です。
そこで地下鉄の建設や直通バスの開設が噂されており、特に地下鉄の駅が球場近くに新たにできれば、不動産価格にかなり大きな影響が出ることは想像に難くありません。

この周辺の地価は2006年は坪単価が11万9537円/坪でしたが、2016年には8万9616円/坪まで、下落しています。
もし球場ができることとなれば、一気に不動産売買価格も上昇するかもしれません。

4.まとめ

プロスポーツは日本でも数多くありますが、年間の試合数、そして観客動員数から言えばその影響力は今でもプロ野球が断然一位です。特に、不動産売買価格が落ち込みがちな北海道での出来事になるので移転先の土地を早く確保できれば大きな利益が得られるかもしれません。
NOIMAGE

ライター長嶋 シゲル

長嶋 シゲルの記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!