不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

二世帯住宅

二世帯住宅

二世帯住宅の種類とは? それぞれのメリット・デメリットについて
二世帯が同じ建物に暮らす住宅です。通常は親世帯と子世帯が暮らします。家のなかは玄関などの設備の一部を共用とする造りや、完全に分離した造りなどがありライフスタイルに応じたものになっています。親世帯と子世帯が同居しながらも、多少の距離が置ける暮らし方が特徴です。

二世帯住宅

二世帯住宅
「子育ての支援を親に期待できる」「親世代と共同で家を建てた方が経済的」などといった理由で二世帯住宅を選ぶ方がいらっしゃいます。それだけ二世帯住宅は住まいとして魅力的に映るものなのでしょう。
二世帯住宅には種類があり、どのようなライフスタイルにしたいかによってタイプを選択します。
ここではそれぞれのタイプの住宅やメリット・デメリットを紹介します。

同居型二世帯住宅

キッチン、トイレ、浴室、場合によってはリビングなどを共用で使用するタイプの二世帯住宅です。基本の造りは1階に共用する設備を配置し、2階に個室を造るものです。

■メリット
大人数で暮らしている雰囲気が感じられ、家族というものをより意識した生活になるでしょう。介護などで親世帯の面倒を見ることになっても目が届きやすい環境にあります。

■デメリット
個人のプライベートな空間を保ちにくくなります。例えば子世帯の妻と親世帯にあたる義理の両親などの他人同士が、一緒に暮らすことに多少の抵抗があるかもしれません。

部分共用型二世帯住宅

建物の一部分を共用する形の住宅です。玄関を共用にして、その他の部分を分けるのが主流です。ダイニングは各世帯にあっても大勢が集まれるように、どちらかのものを大きめに作るということもできます。

■メリット
家族の距離感が程良く保てるところがメリットです。普段は二世帯が別々に暮らしていても、何かの機会で集まりやすい環境にあります。トイレや浴室が別であれば使用時が重なり困ることが少なくなります。

■デメリット
同居型に比べ共用部分が少なくなり、各世帯に浴室などを造ることになると建築費用が高くなる傾向です。台所など水回りの工事が出てきて、その後のメンテナンス双方で個別に対応していくことになります。建築の際にその後にかかる費用も含めて、どこまで費用をかけられるかを考慮するべきところです。

完全分離型

1棟の建物を1階と2階に分ける上下分離型、または建物を左右に分けて住む左右分離型になります。玄関はそれぞれにあり、家のなかで生活するだけにおいては双方の世帯と顔を合わさないようになります。

■メリット
二世帯の生活空間が完全に分離しているので、お互い気兼ねなく生活できるでしょう。また、完全に分離した建物と認められると、新築の場合で不動産取得税や固定資産税の軽減措置を2戸分受けることができます。

■デメリット
実質2戸分に近い建物を建てるので建築コストが高いです。それに伴い広い土地も必要とします。

完全分離型は不動産投資にも活用できる

玄関がそれぞれに分かれていて生活するのに必要な設備がそれぞれの住まいにあるのであれば、どちらかが転居するなどで使用しなくなったときは賃貸に出すこともできます。空きスペースを有効活用することを考えれば、完全分離型にすることをおすすめします。

二世帯住宅
二世帯住宅はタイプが分れ、親世帯、子世帯でどういった生活を営んでいきたいかによって家のタイプを選んでいくものです。また、空いたスペースを無駄にしないようにするには部屋を賃貸に出せるような家の構造にするのも一つの考え方です。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!