不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

耐震補強

耐震補強

耐震補強には種類がある? 耐震補強の種類と工法
建物の耐震性を高めるために行う補強のこと。建物の主要な部分【基礎・土台・柱・梁・床・壁・天井】に補強工事を行います。
代表的なものには、基礎に鉄筋コンクリートを用いる・壁の量を増やす・柱の接合部分に金具を取り付けるなどの方法があります。

耐震補強

耐震補強
不動産運営では、「建物に耐震性能がどの程度あるか」が物件購入をする際のポイントの1つになります。購入時に耐震性が高い状態であることが望ましいですが、場合によっては後で耐震補強をすることを見越して購入するという場合もあるでしょう。 ここでは耐震補強の種類とその内容などについてご紹介します。

なぜ耐震補強が必要か?

「自分の家をもっと安心して暮らせるようにしたい」という思いから耐震補強をする方が増えていますが、耐震補強を行う理由にはもう1つ、法律の改正も影響しています。
古い建物の場合、建設当時の基準に合わせて作られているため、現在の建築基準法に適合していないことが多いです。このため、現在では1981年以前に建てられた建物で、不特定多数の人が利用する建物では「耐震性の確認や改修の努力義務」が、改正耐震改修促進法によって定められています。そして建築基準法はリフォーム後に新たに適用されるため、耐震補強は身近な課題です。
軽微なリフォームでは耐震補強の必要はありませんが、部屋を増築したり構造耐力に影響する主要な部分を回収したりするような大規模なリフォームでは、役所への確認申請が必要になり、建築基準法に適合しているか審査を受ける必要があります。

耐震補強の種類

耐震補強の種類には大きく3種類に分けることができ、さらに細かく分けることができます。

■地震入力を弱くする耐震補強
・免震構造化
基礎の梁の下に地震の揺れを吸収する積層ゴムなどの免震装置を組み込む方法です。地震の揺れを直接建物に伝わらないようにします。比較的重い建物に向いています。

・制震機構の組み込み
建物の架構内に部材を組み込み、地震の揺れに対して粘り強さと減衰性能を持たせます。建物の変形を抑える効果があります。揺れやすい建物に向いています。

■建物の強度を増強させる耐震補強
・RC壁増設型
オープンフレーム内に壁を増設して、建物の強度の増強を図ります。簡単で効果の大きい方法です。建物内部の増設や、建物の外に壁を増設する方法がありますが、壁を増やすことで使い勝手が悪くなることがあるため、他の工法と併用されることが多いです。

・鉄骨ブレース増設型
オープンフレーム内に壁ではなく鉄骨ブレースを取り付けて補強する方法です。一面を壁にするのではなく、三角形の骨組みを足して補強します。学校校舎の外側から補強するなど広範囲な建物で適用されることが多いです。

・架構増設型
建物の外側に強い架構を作って耐震補強をするものです。建物内部での補強が難しい場合にこの方法を選ぶことがあります。また敷地に余裕がないと難しい方法でもあります。

■既存の柱のねばりを強くする耐震補強
・RC巻き補強
鉄器などで柱を補強してコンクリートを流し込みます。壁が少ない建物に向いています。

・銅板巻き補強型
柱を銅板で巻いてモルタルを流し込み、柱を補強します。

・カーボン繊維巻き補強型
柱をカーボンシートで覆い、柱を補強する方法です。

・柱拘束壁撤去型
柱を拘束する腰壁にスリットを垂直に入れることで、柱の一部に荷重が集中して破壊されるのを防ぎます。
耐震補強

家やマンション、複合住宅など建物の種類やサイズによって、適切な耐震補強が変わってきます。
耐震補強をする場合は、専門家に相談して一緒に該当する建物を見て回ることをおすすめします。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!