不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

抵当権

抵当権

「抵当権」ってなに? お金を借りるしくみはどうなってるの?
一般的に抵当権とは、住宅ローンなどでお金を借りる際に、家やその土地を借金の担保にして確保しておくというものです。
例を挙げて解説すると、「住宅ローンの支払いが出来なくなった場合、家や土地をお金の貸主が取り上げることができる」という“契約ができる権利”を言います。

抵当権

抵当権
住宅ローンなどの契約で耳にする言葉の1つに「抵当権」があります。この抵当権について「なんとなく分かっているけど、実際は詳しくわからない」という方もいるのではないでしょうか?
ここでは、抵当権についてご紹介します。

抵当と担保

まず、抵当と担保を混同してしまうことが多いため、違いを理解しましょう。
「お金を借りる代わり(担保)に土地・家を抵当に入れる」と言うことがありますね。
「担保」とは、お金やモノを借りた際、もし返せなかった場合に備えて別の返済・返却方法を確保する物のことです。
冒頭の例では、お金を借りる代わりに土地というもの物を担保にしたので、「物的担保」と言います。「お金を借りるために担保を用意する。担保として土地・家を抵当に入れる」ということから、抵当は担保の選択肢の1つだということが分かります。

抵当権の特徴

他にも、お金を借りる方法として「質屋」があります。
現在、質屋はモノを売る場所と認知している方も多いかもしれません。
本来質屋はモノ(質草)を持って行き、それを預けることで質草に見合った金額のお金を“借りる”という場所です。
お金を返せない場合は、持ち込んだ質草は質流れしてしまいます。
以上から分かるように、質屋も担保を扱っている場所なのです。
抵当と質草の違いは、担保として物を預ける必要がないという点です。質屋では、モノを使い続けることはできません。しかし抵当では、モノを使いながら担保とすることができます。
抵当は原則として土地や家などの不動産のみで扱われ、高価な宝石や時計などは抵当として扱うことはできません。

「抵当に入れる」とは?

銀行の条件に同意して、土地を担保としお金を借りることを「抵当に入れる」と一般的に言いますが、この「抵当に入れる」とはどういったことか、ご存じでない方も多いでしょう。
世間で言う「抵当に入れる」とは“登記する”ということです。
住宅ローンで土地・家を抵当に入れる場合、たくさんの書類に住所を記入し、署名・捺印します。このとき、抵当権設定契約の契約書を書くことになります。
しかし抵当権を誰が持っているかは、土地を見ただけではわかりません。これをはっきりさせるのが登記です。登記することで不動産の状態が分かり、権利が明確になります。
この際、登記の専門家(司法書士など)に登記の委任状を書くことになります。

覚えておきたい抵当権「根抵当権」

根抵当権とは、銀行と何度もやりくりをする会社のための法律です。
抵当権は銀行からお金を貸し借りする度に、担保を抵当に入れる必要があります。これはお金の返済が済むと抵当権が抹消されるためです。しかし、会社にとって毎度抵当を設定することは手間ですよね。そこで、根抵当権という「お金を貸す上限を決め、その金額内であれば何度でも貸し借りできる権利」が作られました。
抵当権

不動産を運用管理するとなると、銀行との付き合いも、抵当権について触れる機会も多くなっていきます。権利や書類などについて、誤解のないよう正しい知識を持っておくことが大切ですよ。

その他関連不動産用語はこちら

不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!