不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

共用部分

共用部分

女性の1人暮らしに大切な「共有部分」の防犯対策とは
マンションやアパートなど区分所有建物で、各区分の所有者が共通して利用する建物の部分のことを共用部分といいます。
共用部分には階段や廊下などががあります。

共用部分

共用部分
近年では、オートロックや建物の防犯性が物件を選ぶポイントのひとつとなってきています。共用玄関のオートロックや、防犯カメラなど、運営するマンションどに女性のお客さんを引き込むためには、この共用部分の防犯対策は欠かせません。
ここでは、女性の1人暮らしをターゲットにしたときの防犯対策についてご紹介します。

共用部分に施せる防犯

女性が安心して1人暮らしをするためには、万全の防犯対策が必要です。
次の場所をポイントに、防犯システムを検討してみましょう。

・マンション共用出入れ口
最近では、防犯の基本として共用出入れ口(玄関)のオートロックを導入する建物が増えています。できれば、オートロックと連携した監視カメラや、カメラ付きインターホンを導入するようにしましょう。
また、オートロックだけでなく、道路からの見通しが良いことも大切です。
出入れ口は見通しをよくするだけでなく、明るさも保つようにしましょう。暗いと物陰に不審者が隠れたり、後から追って侵入されてしまう恐れがあり、危険です。床面で50ルクス以上の明るさが保てる照明を使用しましょう。

・共用メールコーナー
メーボックスは、もしものときを考えマンション内のトラブルなどで覗かれたり荒らされたりすることの無いよう、施錠可能なものを使用しましょう。
また、玄関の内側から安心して取り出すことができるよう、ポストは貫通型を使用するのがおすすめです。

・エレベーターホール、エレベ―ター
共用玄関や各階の廊下から見通しが良いことが望ましいです。
エレベーターの中が廊下などから死角になってしまうとエレベーター内でトラブルがあった際に発見されにくくなります。
上記を考慮して分かるように使用するエレベーターは窓があるものが望ましいです。

・共用階段、廊下
玄関だけオートロックにしただけでは、外部からの侵入を完全に防いだとはいえません。1階の廊下や上階へ続く階段、ベランダなども侵入が難しくなるよう対策を練りましょう。
エレベーターから見通しが良い廊下であることや、一定の明るさがあることが大切です。
廊下は床面で20ルクス以上の明るさがあると望ましいですよ。

・駐輪場、駐車場
道路や共用部分から見通しが良いかどうかが大切です。時間帯によって利用者がぐんと減る場所であるため、外部からも見られているという印象が与えられると不審者の侵入を防ぐ対策になります。もちろん、防犯カメラや、一定の明るさを保つことが大切です。
駐輪場、駐車場の場合3ルクス以上の明るさが最低限必要とされています。
共用部分

ここでは、女性が1人暮らしするのに大切な共用部分の防犯対策についてご紹介しました。過去に、プライバシーを意識して背の高い草木を植えてしまうことが多くありましたが、これはかえって見通しの悪い状況を作り、防犯性を落としてしまっています。
良かれと思ったことでも、防犯性の面で悪影響を及ぼしていることがあるため、再度確認することが大切です。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!