不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

専有部分

専有部分

マンションの専有部分と共用部分の違いとは?
マンションやオフィスビルなど区分所有建物は、専有部分と共用部分からできています。天井や壁、床などに囲まれた居住空間を「専有部分」と呼ばれ、建物を仕切っている壁やコンクリートは「共用部分」と呼ばれます。また、避難の時に不特定多数の人が通るベランダやバルコニーは、個人の生活スペースとして使うことができても、共用部分と判断されているため、利用する際には注意が必要です。

専有部分

専有部分
マンションやオフィスビルなどを区分所有建物と呼び、専有部分と共用部分とで成り立っています。
簡単に、居住者が生活する部屋を専有部分、建物の住人が共通して使用する場所やものを共用部分といいます。
ここでは、専有部分と共用部分との違いについてご紹介します。

専有部分とは?

個人の所有物となる部分で、マンションでは何階の何号室といった、区切られた室内や洗面所や給湯器などの設備や内装部分を言います。
区分所有法という法律で定められており、専有部分は次のように定められています。
・住戸番号を付与した住戸であること
・天井、床、壁は躯体部分を除いた部分を専有部分とする
・玄関扉は鍵及び内部塗装部分を専有部分とする
・窓枠及び窓ガラスは専有部分に含まれない
・専有部分に提供される設備で共用部分内にあるものは専有部分とする
・躯体部分であっても「床フローリング」や「壁クロス」などの部分は専有部分とする


※躯体:建築物の構造体のこと。基礎や骨組み、建物を作る壁や柱、床板や屋根などをいいます。内外装の仕上げと設備機器以外の隠れた部分のことです。

共用部分とは?

マンションの専有部分以外の場所が共用部分となります。玄関や廊下、エレベーター、共有施設、玄関扉、窓枠、窓ガラス、面格子などが共用部分になります。
分かりにくいのが、専有部分にあった「天井、床、壁は躯体部分を除いた部分を専有部分とする」という文章ではないでしょうか? これについてですが、建物の構造としての床部分と居住空間としての床の違いだと考えてください。
居住空間の床の下に建物の骨組みとなるコンクリートスラブがある場合コンクリートは共用部分、その上の床部分は専有部分と言えます。

・マンションのバルコニーやベランダ、専用庭は要注意
バルコニーなどは専有部分に付属しており、プライベートなエリアとして活用することができますが、ここは所有権として登記することはできず、専用使用が許された共用部分とされています。バルコニーやベランダを好き勝手に使用したり、物を置くことはNGです。
これは、防水工事や手すりの塗装工事などについては管理組合の費用で実施することになるため。また、緊急避難時に避難通路や避難ハッチなどとして利用される共用部分となることがあることから、避難の妨げとなるような荷物や大きな植物などを置くことは禁じられています。
駐輪場、駐車場の場合3ルクス以上の明るさが最低限必要とされています。
専有部分

専用部分はそこで生活する人のプライベートとなります。マンションの構造にもよりますが、住む人の多くは隣人などに迷惑をかけないために、自分が出す音を気にします。
マンションを運営する場合は、居住者がリラックスして生活できる環境を提供することが大切です。そのためには、専有部分と共用部分の違いを知らなければいけません。人に「住みたい」と思ってもらうためには、専有部分と共用部分のそれぞれに求められる機能と環境を提供することが大切です。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!