不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

一棟所有

一棟所有

不動産投資をするなら知っておきたい! 一棟所有のメリット
不動産投資で、マンションまたはアパートの建物全体を購入し運営していくことを「一棟所有」または「一棟投資」と言います。
マンションは専有部分と共有部分からなっており、一棟所有した場合この両方を所有し管理することになります。
建物の管理方法も自ら選ぶことになります。「自分が管理するか」「管理会社に委託するか」の2つがあります。

一棟所有

一棟所有
マンションを所有する方法には、「区分で所有する方法」と「一棟で所有する方法」の2つがあります。ここでは、区分買いと一棟買いの特徴を比べながら、一棟所有することのメリットをご紹介します。

区分所有と一棟所有の違い

投資をするとなると、まず迷うのが一棟買いをするのが部屋(区分)で購入するか、建物全体(一棟)を購入するかではないでしょうか?
区分所有の場合少ない資金で始められますし、借入金も少なくすむというメリットがあります。また、購入する地域を分けて複数投資することができます。
一棟所有の場合、空室になる恐れを軽減されます。マンション一棟まるまる空室になるということはほとんどありません。さらには、入居条件などで他のオーナーと揉める恐れもないため、自由度が高くなります。
まだまだ、これは一部を紹介したのみで、マンション投資では投資する人の目的などによってどちらが良いかなどが変わってきます。
一棟所有した場合のメリットについてご紹介していきます。

一棟所有のメリット

・修繕がしやすい
区分所有の場合、マンションの共用部分など複数人が使用する場所で老朽化が生じていても自分の意志で修繕することができません。さらには所有者全員の意見を合わせなければいけないため、時間もかかります。
一棟所有していれば、自分の判断で修繕や回想を行うことができます。

・安定して収益が得られる
例えば2部屋区分所有していた場合、1部屋が空室になってしまうと収益が半分になってしまいます。一棟所有の場合、1部屋あたりの収入の割合が小さくなります。例えば、マンション・アパートが10部屋だった場合1部屋空室になっても減る収益は10%に抑えることができます。
さらに賃料を自分の意志で設定できるため、利回りを調整することができます。

・税金の優遇措置を利用できる
固定資産である不動産では、所得税や住民税が軽減されます。不動産投資で得た収入から経費を差し引いた結果、赤字になってしまった場合は、給与所得から赤字分を差し引いて、課税対象額を引き下げることができます。
相続が発生した場合、賃貸物件は相続税評価額が軽くなり、相続税対策にもなります。
一棟所有

一棟所有は、一度の手続きで多くの部屋を所有し賃貸することができるため、効率的で資産拡大に向いているという一面もあります。
区分所有と比較して、資金も大きくなり、分散できないリスクもあるかもしれません。しかし、「自分が用意できる資金」「運営方法」「家賃の希望」「設備・内装・管理」などを自由にできるというのは大きな利点と言えます。
まとまった資金があり、自分なりのプランがあるという方は一棟所有を検討してみてはいかがでしょうか?
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!