不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

宅地建物取引士

宅地建物取引士

宅地建物取引士(宅建士)を保有すると不動産投資に有利?
以前は、宅地建物取引主任者から「宅地建物取引士」と名前が変更されました。この宅地建物取引士、通称「宅建士」とは、宅地建物取引業法にもとづいて定められた国家資格です。
不動産会社(正確には宅地建物取引業者)が、宅地や建物の売買または賃借の仲介をするために必要な資格で、国家資格の中でも際立って有名な資格だといえます。
宅地建物取引士は、購入者などの利益の保護のために、公正かつ誠実に事務を行う、不動産取引の専門家をいいます。

宅地建物取引士

宅地建物取引士
不動産投資を行う方の中には、宅地建物取引士の資格を検討していたり、すでに取得していたりする方がいます。
宅地建物取引士の知識は不動産投資においてどのように役立つのでしょうか?
ここでは、不動産投資をしながら宅地建物取引士の資格取得をするか検討している方にむけて、宅地建物取引士の概要と、不動産投資で活かせる知識についてご紹介します。

宅地建物取引士とは

宅地建物取引士(旧・宅地建物取引主任者)は1958年に現在の国土交通省にあたる建設省によって、宅地建物の取引が公正に行われることを目的として作られました。
宅建士は、複座厚な権利関係や高度な専門知識を必要とする取引の際、知識の乏しい購入者に対して過誤のないように取引を進めること、不測の損害が購入者に生じさせないことを義務としています。

不動産投資で役立つ宅建士の知識

宅建士は不動産を仲介する際に必要な資格であるため、実際不動産投資をするうえで必ず必要な知識だというわけではありません。
しかし、宅地では用途地域の知識が必要になります。この点だけでも宅建士の知識は非常に有意義だといえます。
用途地域とは都市開発法で定められた地域区分のことで、この地域区分によって建てられる建物が変わり、将来の街並みにも影響します。
自分が投資する不動産の地域がどんな地域かを知ることで、今後の展望があるかないかを自分で見極められるようになるでしょう。
また、宅建では民法も勉強します。不動産投資は、間違いなく登記の作業をすることになります。もちろん専門家に任せることもできますが、この登記に関する法律(民法)を知っておくことで、手続きのミスや不要なトラブルを防ぐことができます。
宅地建物取引士

先に述べましたが、必ずしも宅建士の資格が必要というわけではありません。不動産投資をするうえで、宅建士が持つ知識が役立つシーンが多いということを理解しましょう。
資格を取ってから不動産投資をするのではなく、勉強しながら不動産投資を始めることをオススメします。
宅建士の知識をもっていれば、建物や設備の目利きが効くようになります。不利な不動産を購入する恐れもなくなるでしょう。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!