不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

整形地

整形地

整形地・不整形地のメリットってなに? それぞれの活用法
正方形であったり長方形だったりと、形が整った土地が整形地です。形が整っている分、土地全体を有効活用することができ、規格量産型の住宅を建てやすいと言われています。

整形地

整形地
土地の形状には大きく分けて「整形地」「不整形地」という二つの種類があります。形状によって値段が変わることがあり、もちろん使い勝手も違ってきますから、選ぶ際には慎重になりたいですよね。
ここでは、そんな整形地や不整形地の違いや、それぞれのメリットなどを紹介します。

整形地のメリット

整形地のメリットは大きく分けて以下の2つです。

●土地を有効活用しやすい
土地の形が整っているため、住宅設計がしやすくなります。一戸建てを建てるのに最適です。
●土地の価値が高い
使い勝手のいい整形地は、自然とその土地の価値も高くなります。売却時に高額で売却することができます。

不整形地とは

整形地が、土地の形状が正方形や長方形をしていて整っているものならば、不整形地はその逆です。L字や三角形など、形の整っていない土地のことを言います。

整形地と比べて土地の活用が難しくなるので、比較的土地の価値が低くなります。
また、はっきりした非正方形(もしくは非長方形)ではない場合も不整形地に含まれます。例えば、正方形の一部が欠けている状態、台形、傾斜のある土地、なども不整形地です。

面積が狭い三角形の土地などは建物などが建てにくく、活用方法が難しいですが、台形であるとか、一部の欠けた正方形、もしくは広い面積をもった三角形の土地などであれば、設計や建築にほとんど問題はありません。
条件次第では、より安価である不整形地のほうが整形地を購入するよりも得になる可能性もありますので、不整形地であるからという理由だけで切り捨てないほうがいいかもしれません。

不整形地の活用法

・三角形の敷地である場合
三角形の土地である場合、極力敷地に沿った形状の建物を建てるべきであると言えるでしょう。
例えば、三角形の土地に四角い家を建ててしまうと、床面積が狭くなるうえに庭もいびつな形になり、デッドスペースが生まれてしまいます。
不整形地に建物を建てる場合は、三角形であれば三角形に、台形であれば台形に、など形に添って設計することで、敷地を無駄なく活用することができるのです。

・傾斜地(土地に高低差がある)である場合
土地が傾斜のある場所にあって、土地の中にも高低差が生まれている場合には、無理に盛り土などはせず、その高低差を活用することをおすすめします。というのは、盛り土をしてしまうと、その部分が弱くなってしまったり、余計に費用がかかったりしてしまうからです。

傾斜地に家を建てる場合は、スキップフロアという手法を取り入れるといいでしょう。スキップフロアとは、床の高さをずらし階段などでつなげ、半地下や半2階などを作ることです。
高低差が大きければ、1階部分を車庫やガレージとして利用し、土地の低い部分に配置するのをおすすめします。その車庫の上に住居を建てれば、住居スペースの1階部分が、道路から見て高い位置にできることになるので、プライバシーなどの保護もできます。
整形地

形状や周囲の環境など、土地購入などをする際にどのようなことを最優先するかは人それぞれだと思います。形が整っていることに越したことはありませんが、形状が不整形だからと言って、まったく目も向けないと、思わぬ損をしてしまう可能性がありますので注意しましょう。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!