不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

旗竿地

旗竿地

「旗竿地」って何をさす? 購入前の注意点は
出入り口のための通路部分があり、その通路の奥に住居を建てる敷地部分がある形状の土地のことを旗竿地と言います。土地全体が文字通り、竿のついた旗のような形をしており、通路部分が狭くなっているのが特徴です。敷地延長(略して敷延)とも呼ばれています。

旗竿地

旗竿地
家や土地を探していると、旗竿地という形状をよく見かけるのではないでしょうか。形状がいびつで、何かと不便そうなイメージのある旗竿地ですが、実はいろいろと注意すればメリットのある土地です。
今回は旗竿地を購入する際の注意点やメリットについて紹介します。

旗竿地の注意点

旗竿地には、住居を建てるスペースから伸びた、旗の竿の部分のような細長い場所があります。ここに建物を建てることはできません。この部分は通路や駐車場に使われるのが一般的です。

【通路部分の幅に注意】
旗竿地の通路部分は、公道に2メートル以上接していなければならない法律がありますが、2メートルでは不十分であると言えます。ただの通路として利用するのであれば、それほど問題ではないかもしれませんが、駐車場にすると考えているのなら幅は少なくとも3メートル以上必要であるといえるので注意が必要です。

自動車の車幅はだいたい2メートルくらいあります。つまり3メートルよりも狭くなってしまうと、幅がぎりぎりになってしまい「ドアが開かない」「駐車したら人が通れない」などの問題が発生する可能性があるのです。自転車を敷地の奥にしまう場合には、自転車を押して通れるほどの幅が必要になるので、そのことを念頭に置いて、通路部分の幅をしっかり確認しておきましょう。

【通路部分の距離に注意】
通路部分の距離が長いと、水道の配管や電気の引き込みなどのインフラ整備にお金がかかることがあります。
これは仕方がないことですが、水道メーターは家を建てるときに配管しなおすのが普通で、道路付近に水道メーターがあるのか、住居側に水道メーターがあるのかで値段が変動するのです。

電気の引き込みも同様です。通路の距離が長いと、場合によっては敷地の中に支柱を建てて、電線をつながなければならなくなります。というのも、距離が長くなると、直線でしか引けない電線が隣の土地の中に入ってしまうからです。
インフラ工事を通路の奥のほうでおこなう場合は、重機を使えず職人の手作業になるので、その分費用が上がります。

旗竿地のメリット

旗竿地は形がいびつな分、いろいろと注意しなければならないことが多いですが、メリットもあります。

敷地の奥まった位置に住居があるから外観よりも内装に建築費用をかけられる、玄関を出ても道路まで距離があるから小さな子どもがいても安全、などいろいろありますが、やはり旗竿地最大のメリットは、その価格の安さでしょう。

形状の整った整形地であれば価格が高すぎて手が出せないような人気エリアの土地であっても、旗竿地であれば比較的価格が安くなっていることが多く、安価で手に入れることができます。
それと同時に地域の環境や治安がいいなど、土地の付加価値も大きくなるでしょう。
旗竿地

形状が特殊でデメリットも多い旗竿地ですが、人気エリアの土地を比較的安く手に入れる手段でもあります。
細長い通路部分を欠点ではなく土地の個性と見るようにしましょう。通路に敷石をするなどの工夫をすれば、旗竿地であっても充分満足のいく住居を建てることができるかもしれませんよ。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!