不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

更地

更地

更地をうまく運用する方法とは? 更地を運用する際のポイントを紹介
建物や樹木などがなく、すぐに建物を建てられる空き地のことを更地と言います。
また、使用収益制限の権利がついていないという条件が必要になるので、建物がない場合でも、借地権などがついていたら更地とは呼べません。

更地

更地
必要のない空き家を管理するのは大変です。そういう場合は思い切って空き家を解体して更地にしてしまい、その土地を運用してはいかがでしょうか。
ここでは、更地をうまく運用する方法やポイントなどを紹介します。

更地を駐車場にする

最も手軽に始められるのが、駐車場としての運用です。
2006年に道交法が改正されて、違反駐車対策の強化がおこなわれました。これにより駐車場の数が年々増加し、駐車場として使える土地への需要も高まっています。

駐車場として運用する最大のメリットは、初期費用が抑えられるということです。コストがかからないため、ほかの方法と比べてリスクが低くなります。

また、多少費用がかかるものの、更地をアスファルト舗装したり、屋根を作るなどの整備をしたりすれば、駐車場として安定した収入を得られることになるでしょう。また、コインパーキングに作りかえれば、料金設定を比較的高くできるので、その分収益の増加も期待できます。
更地

自動販売機を設置する

自動販売機を設置することで、収益を生むことができます。
人どおりの多い場所や、住宅街などであればより多くの収益が見込まれるでしょう。これも、だいたいの場合飲料メーカーが初期費用を負担することになるので、土地所有者のリスクは低くなります。また、自動販売機周辺のごみ対策やごみ回収などの管理も、すべてメーカーに任せることができるので、所有者の負担はほとんどないと言っても過言ではありません。

ただし、自動販売機のための電気代は所有者負担になります。ある程度おこなってみて、うまくやれそうなら継続、無理そうなら撤去など検討してみるといいでしょう。

事業用に土地を貸す

居住用ではなくビジネスのために土地を貸すことを、事業用定期借地といいます。 事業用の建物を建築する目的で土地を貸す方法であり、コンビニやファミリーレストランはほとんどが事業用定期借地による運営です。

借地権には30年以上50年未満という存続期間があり、期間が終わったら借りている側は土地を更地に戻して地主に返還しなければなりせん。土地を貸しても元通りの形で戻ってきます。また、期間が決まっているため次の契約も進めやすいですし、安定した土地収入が見込めるなど、この運用方法にはメリットがたくさんあると言えるでしょう。

ただし、事業用定期借地の契約には公正証書を作成しなければならないので、事前に役場や専門家に相談する必要があります。

ここで紹介したのはあくまで例の一部です。ほかにも貸農園にしたり、アパート経営をしたりと、更地の運用方法はたくさんあります。費用や予算などを考慮して、自分にとって一番やりやすい運用法を探してみてください。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!