不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

礼金

礼金

礼金にはどんな目的があるの? 礼金を支払う意味
賃貸契約時に、借主が貸主への「お礼の気持ち」として支払うお金。相場は家賃の0~2か月分ですが、初期費用を抑えたいという入居者が増加し、最近では2か月分で募集している物件は少なくなっています。

礼金

礼金
賃貸契約のときに支払う料金の項目のひとつに「礼金」というものがありますよね。退去時に返却される敷金と違って、礼金は支払うだけで後になっても戻ってきません。いったい、この礼金にはどのような目的があるのでしょうか。

礼金の目的

礼金というのはわかりやすく言うと「部屋を貸してくれる大家さんへのお礼の気持ちで支払うお金」です。かつては、下宿やアパートに住む子どもの面倒をよろしく頼みます、という気持ちを込めて、親が大家に支払っていたものが慣習化し現在の「礼金」というものになったと言われています。

礼金は上記のような理由で支払われるものなので、基本的に掛け捨てで、敷金のように戻ってくることはありません。最近ではかつての「下宿」ほど大家さんと緊密になることはなくなりました。そうなると、ほとんど顔を合わすことのない大家さんに「お礼」として支払う礼金を疎ましく思う人が多くなると思います。

ここで、礼金がどのような目的で使われるか紹介しましょう。

【不動産業者への広告料】
大家さんは物件を不動産会社に紹介してもらっていることがほとんどです。その際に支払う広告料を、礼金で充当していることが多くあります。

【空室の間の収益補てんのため】
自分の物件に入居者がいない期間、当然ながら大家さんに家賃収入はありません。その期間の収益を礼金で補てんすることがあるのです。

礼金は主に以上の目的で使われると言われています。つまり、大家さんの判断次第で決定される料金なので、交渉次第では礼金を減らすこともできるということです。

礼金がないときの注意点

交渉して礼金をなくしたのであれば別ですが、もともとから礼金がゼロであるときはすこし注意したほうがいい場合があります。

【早く入居者に入ってほしい物件】
空室の期間が長い物件を早く決めてしまいたいときに、礼金をなくすことで入居者を呼び込む場合があります。そのような物件は長いこと入居者が決まっていない、どこか「難あり」の部屋である可能性がなきにしもあらずです。「礼金ゼロ」の物件を見るときは、何か部屋に欠点がないか注意してみる必要があるでしょう。

【賃料が相場よりも高い物件】
礼金がない分、賃料を高くしている可能性があります。相場よりも数千円、面積が広い部屋になると1万円ほど賃料が高くなっていて、2年間その部屋を借りた場合、礼金を支払うよりも高くついてしまうこともあるので注意が必要です。契約の前にまず家賃相場を調べておくべきだと言えます。

【短期退去で違約金がある物件】
礼金がない場合、大家さんはできるだけ長く入居していてもらいたいものです。礼金なしで入居してもらっても、短い期間で退去されてしまっては、安定した家賃収入が得られません。そこで、契約の中に「短期間解約違約金」の項目をつけていることがあります。契約書にしっかり目を通して確認しておきましょう。
礼金がないときの注意点

戻ってくる敷金とは違い、礼金は戻ってくることがないので、できることなら支払いたくないと思うかもしれません。しかし礼金には上記のような目的があります。礼金ゼロだからと言ってすぐに飛びつかず、物件をまず確認して、自分の望みに見合ったものであるかどうかをきちんと調べるようにしましょう。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!