不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

宅地建物取引士

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産業者に必要? 人気の秘密とは
不動産の売買や賃借をおこなう際に、取引における重要事項の説明や、契約書の内容確認などをおこなうことができる資格保有者のことです。また、不動産関係の法律や知識を持ち合わせていることから、不動産業界以外でも重宝されています。

宅地建物取引士

宅地建物取引士
宅地建物取引士は、不動産業界において必要不可欠な存在です。また、不動産業界以外の業界からの需要も高く、現在最も人気のある資格のひとつと言えるでしょう。
ここでは、宅地建物取引士の仕事内容、またその資格が不動産業界やその他の業界で人気である理由を説明します。

宅地建物取引士資格

宅地建物取引士になるには資格試験に合格しなければなりません。しかし、資格を取得しただけでは「資格合格者」になるだけで「取引士」にはなれません。
試験に合格してから、2年の実務経験、もしくは(財)不動産流通近代化センターが実施する「実務講習」を受講して、受験地の都道府県に対し「取引主任者」としての登録申請をする必要があります。

申請が通り、「取引主任者証」の交付を受けることで、宅建士として取引業務をおこなえるようになるのです。

宅地建物取引士の仕事内容

宅建士(宅地建物取引士)は不動産業界の専門家であるということです。その業務には、法律上、宅建士にしかできないものもあります。

・不動産に関する重要事項の説明
不動産を購入、または借りる人に対して、物件や取引についての重要事項の説明をおこなうことは、宅建士にしかできません。

・重要事項の説明書に記名・押印
重要事項の記載された書面の内容に誤りがないかチェックして、記名・押印をすることも、宅建士にしかできません。

・契約書に記名・押印
契約書(37条書面)の内容に誤りがないかチェックして、記名・押印をすることも、宅建士の独占業務です。

不動産業者における宅地建物取引士の立場

以上に説明した独占業務がおこなえる宅建士は、不動産関係の企業にとって必要不可欠な存在です。実際、不動産業者の事務所には従業員の「5人に1人」の割合で宅建士を設置することが法律で義務付けられています。

不動産業者はできるだけ多くの宅建士を確保しようと考えています。資格保有者であれば、不動産業界が未経験でも歓迎してくれる企業が多いことや、入社後資格を取るように促されるのもそのことが理由にあると言えるでしょう。

また不動産投資を考えているお客様がいた場合、社内に宅建士がいることで、お客様に信頼され選んでもらいやすくなります。

不動産業以外の業界における宅地建物取引士の立場

宅建の知識はいろいろな現場で活用でき、宅建士資格は、不動産業界以外でも役に立ちます。
土地や建物というのは、どのような企業であってもその活動の基盤となるものです。その売買や賃貸借取引の知識を持つ宅建士は、あらゆる企業で重宝されるのです。

また、不動産投資をしようと考えている方にも、宅建の資格は役に立ちます。宅建士としての知識があれば、不動産やその設備などの良し悪しを見極めることができますし、不動産に関する法律を把握することができるのでトラブルを回避できるようになるのです。
不動産業以外の業界における宅地建物取引士の立場

宅地建物取引士の資格が現在最も人気な理由がお分かりいただけたでしょうか? 宅建士は自分の知識を活かして人を喜ばすことができる、やりがいの多い仕事であると言えます。ここで紹介したことを参考に、宅地建物取引士の資格取得について検討してみてはいかがでしょうか。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!