不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

SOHO(ソーホー)

SOHO(ソーホー)

最近増えているSOHOってなに? SOHO物件を運営・管理するコツ
SOHOとは「Small Office/Home office」を省略したものです。
SOHOは明確な定義があるわけではありません。たとえば自宅で仕事をする個人事業者、会社を経営している夫婦、パソコンなどの情報通信機器を活用したビジネスなどもSOHOと言われることがあります。
起業したばかりのベンチャー企業も小さなオフィスを活用することがありますが、ベンチャー企業は拡大志向を持つ一方で、SOHOの起業家は自分でできる範囲にビジネスを留め、事業の拡大を行わないスタイルが特徴的です。

SOHO(ソーホー)

SOHO(ソーホー)
最近では、小さな部屋や自宅をオフィスとして扱うSOHOが増えてきています。
不動産投資でこのSOHO物件を扱うにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。
ここでは、SOHO物件に投資・運営するときのコツを紹介します。

SOHO物件として貸すには

仮に居住用に建てられたマンションやアパートをSOHOにしたい場合、その不動産の規約や入居基準を確認しておきましょう。
部屋を借りて、そこで仕事をすることができても、看板が出せなかったり、郵便受けの表示が制限されたりなど、一定の制約を受ける場合があります(マンション・アパートを一棟購入した場合は問題ありません)。
また、部屋に住まず事務所として貸し出し・運営することは建築基準法などの法律によって許可されないこともあるため注意しましょう。

もちろん、オフィス向けの不動産に投資する場合には、上記のような制限を受けません。しかし、SOHOのような手ごろなサイズは少ないため初期費用が高くなりやすく、また利用者の利便性も下がってしまうため、借り手を見つけるのが難しくなるでしょう。
SOHO物件の利点は、起業家や個人事業者が最初のステップとして借りる点にあります。このため裾野が広がり、ターゲットが増えるのです。

SOHO物件を運営するコツ

SOHOを探している事業者は、利便性や手軽さビジネスの機敏さを重視していると考えられます。
このため、元あった居住空間をそのまま貸し出すというのはあまりおすすめできません。
SOHOを売りにするのであれば、すぐに仕事ができるような空間を用意しておきましょう。
最初にサイズがポイントです。広すぎたり狭すぎたりしてはいけません。借り手の仕事内容などにもよりますが、仕事スペースは資料の保管スペースなども考えてコンテナサイズはあったほうがよいでしょう。
また照明が大切です。部屋全体の照明を白くし、明るくしたほうが書類なども見やすくなり仕事がしやすいと言われています。
SOHO(ソーホー)

SOHOでは、借り手が部屋を見たときに「この部屋で働きたい」と思ってもらうことが大切です。SOHO物件のオーナーになるなら、都心へのアクセスや、周囲の環境などもビジネスを基点として考えた方がよいですよ。
パソコン1台で十分に仕事ができるようになった現代。個人事業者やフリーランスによるSOHOは今後ますます増えてくるでしょう。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!