不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

制震構造

制震構造

制震と制振の違いはなに? 2つの意味と免震構造との違い
地震が多い日本では、さまざまな方法で地震による被害を最小限に抑えようとされてきました。
免震構造や耐震構造もその一部です。地震の被害を抑える構造の1つに制震構造があります。同じ発音で制振構造がありますが、この2つはどのように違うのでしょうか?
ここでは、耐震構造と、制震と制振の違いについてご紹介します。

制震構造

制震構造
地震のエネルギーを吸収する装置である「ダンパー」などを建物の一部に設置して、建物に伝わる振動や衝撃を和らげる構造のことです。
大きな地震などで、ダンパーなどが壊れたとしても交換して建物を存続させることができます。
大型の建物では免震構造や耐震構造と合わせることで安全性を高めるのが一般的です。

制震と制振の違い

地震の揺れ対策について調べていると「制震」と「制振」の2つを目にすることがあります。詳しく説明されているサイトは少ないため混合しやすい傾向にあります。

「制震」とは、地震による揺れのみを対象とした建物の揺れと破壊を最小限に抑えるための技術を指します。
一方で「制振」は地震のみならず、強風などによる揺れにも配慮しています。
たとえば東京スカイツリーなど大きく、背の高い建築物は、建物上部に大きな重りを設置することで風による揺れを抑えています。地面の震えだけでなく、風による振れを防ぐことを目的としているために「振」の文字が使われているのです。

つまり、鉄筋コンクリートなどで作られる一般的なマンションでは風によって揺れる心配が少ないために「制震」が使われ、高層タワーマンションでは、風の影響を無視できないため「制震」と「制振」の2つが混在することがあるのです。

制震構造と免震構造

地震の揺れを抑えるのが制震構造ならば、免震構造とはどう違うのでしょうか。
免震構造とは、建物と地盤の間にクッションの働きをする積層ゴムなどの装置を設置して、建物自体の揺れを軽減させる構造のことです。
建物の骨組みなどに装置を入れるのではなく、地盤と建物の間に接地することで、地震の力をなるべく受けないようにしています。

制震構造は、受けた地震の力によって生じる揺れを最小限にするものですから、それぞれの構造が作用するタイミングが違うことが分かります。また、制震構造は建物の内部にブレース(筋かい)やオイルダンパーを設置します。このように、装置を設置する場所も異なるという点を理解しておきましょう。
制震構造

地震対策はさまざまな方法で行われており、また建物の特徴にあわせて、適切な構造は異なります。
制震構造についてもさまざまな方法があるので、疑問などが生じた場合は、専門家に相談してみましょう。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!