不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

司法書士

司法書士

不動産における司法書士の業務・役割とは?
司法書士法に基づく国家資格です。登記や供託の代理、裁判所や法務局などに提出する書類の作成・手続きを行います。主に登記業務を仕事とすることが多いです。
法務大臣から認定を受けた認定司法書士であれば、簡易裁判所による民事訴訟や和解、調停などで当事者の代理人を務めることができます。

司法書士

司法書士
不動産の売買や相続では、司法書士などによる専門家の業務が必要になります。司法書士は、登記申請だけでなくさまざまな業務を行います。司法書士が行う業務は、専門的で不動産を購入する人には分かりにくいものですが、大変意義のあるものです。
ここでは、不動産の売買・相続での司法書士の役割についてご紹介します。

不動産売買取引での業務

・調査業務
不動産売買取引では事前調査も大切です。
行う調査はさまざまありますが、主に書類の内容や形式の確認、物件の名義を変更することに法律上問題があるかどうかの確認、書類に偽造などの違法行為があるかどうかの確認などがあります。必要に応じて現地調査が行われることもあります。
不動産売買では、トラブルが起きないよう不動産業者や売主から資料を開示してもらい、その信用性を確かめることは非常に重要な業務です。

・必要書類の収集業務
登記にはさまざまな書類が必要になります。
銀行から融資が受けられる場合は、銀行から抵当権設定関係の書類を受けとります。また居住用の物件であれば、役所へ赴き住宅用家屋証明書を取得します。
ほかにも、不動産売買に法律上の許可や承認が必要な場合は、その都度該当する役所などで、書類発行手続きを行います。

・必要書類の作成
不動産決済の立会い日までに、登記書類やその他の必要書類の作成を行います。

・残金決済立会い
残金決済は不動産売買で最後になる大切な業務です。
残金決済では、実に多くの書類が必要になります。司法書士は書類の署名・捺印、買い手売り手の意思確認をし、支払いや融資の実行を「許可」します。不動産取引ではこの「許可」がなければ銀行は融資できないだけでなく、買い手も代金の支払いができません。
司法書士は、書類の偽造やミスなどで損害が生じることがないように責任をもって手続き行うのです。

遺産相続での業務

司法書士は、不動産を相続した際の手続きだけでなく、遺産を分割する業務や、被相続人の銀行預金解約なども行います。
【遺産相続で行う業務】
・相続登記申請手続き(不動産の名義変更)
・商業登記申請手続き(会社の名義変更)
・故人名義の不動産調査
・遺産分割協議書の作成
・相続人の確定(調査)
・相続を放棄した場合の手続き
・被相続人の銀行口座の解約
・株や投資信託の名義変更手続き
・遺言書作成
・遺留分滅殺請求の代理人(認定司法書士が業務可能)

遺産相続では、土地や不動産の名義変更など専門的で難しい書類を作成します。
故人の資産や相続人の調査を行い、不備なく相続が行えるよう書類の作成や確認をし、手続きを行うのが司法書士の業務です。
しかし、遺産相続では遺産分割などで相続人同士がもめ、訴訟に発展することがあります。司法書士は、民事事件で請求額が140万円を超える案件では代理人になれないため、弁護士に依頼する必要があります。
司法書士

司法書士は必要書類の調達や作成、手続きなど、専門性が高く難しい業務を行うだけでなく、書類に不備がないか、違法性がないかなど、取引が正当に行われるようチェックするという大切な業務があります。
不動産取引では、積極的に司法書士を頼るようにしましょう。スムーズで失敗のない手続きをしてくれるはずですよ。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!