不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

リノベーション

リノベーション

リノベーションとは? リフォームと明確な違いはあるの?
築年数が古い住宅の機能を再生し、さらに負荷価値をつけて修繕することをリノベーションと言います。しかし、現在リノベーションとリフォームの違いが明確に定義されているわけではありません。
リフォームは損壊や家の使い方の変更などの理由で、状態の回復や修繕することを言います。
一般的に「リノベーション」とは、既存の建物を大規模な工事を行うことを指します。
英語でも「リノベーション:renobation」という単語は「革新、刷新、修復」などを意味しています。このため、状態を元に戻したり新しいものと入れ替えたりするだけのリフォームとは異なり、デザイン性の高いものへ作り替えるなど、ライフスタイルを大きく変えることがリノベーションなのです。

リノベーション

リノベーション
古い建物を購入した後に大きく手を加えるリフォームを「リノベーション」と呼び、最近注目されるようになりました。
リノベーションはリフォームと意味合いが似ていますが、リフォームと使い分けられていても、明確な定義があるわけではありません。
ここでは、一般的に言われているリノベーションについてリフォームとの違いやどんなときに用いられているかなどについてご紹介します。

どこからがリノベーションなのか?

リノベーションは工事の規模や住まいの状態と性能によって使い分けるのが一般的です。

・工事の規模
設備の変更や修理、キッチンやユニットバスの入れ替えなど、規模が小さく、変更後も機能が変わらない修繕では「リフォーム」が当てはまります。一方で間取りや配管、内装をすべて入れ替えるなど大掛かりなものをリノベーションと呼びます。

・住まいの状態と性能
新築や損壊前の性能・状態に戻す工事はリフォームに当たります。新築のときと比べて大きく性能が変わる工事の場合は「リノベーション」と呼ぶことがほとんどです。 またリフォームの対象は築年数の若いものが多いです。一方で古い家の内装を取り払い、骨組みを補強して店舗やオフィススペースにするなどといった工事の場合は、リノベーションが当てはまります。

中古住宅にリノベーション

リノベーションをする事例として多いのが「古い建物の良さを残しながら、電気やガスなどの設備を新しいものにして新築同様の性能を持たせたい」というもの。
古い物件を購入し、そこに居住またはお店を開くとしたときに、物件の所有者が「中古物件に新たな価値を与えたい」と希望してリノベーションをすることが増えています。

リノベーションは難しい?

リノベーションは古い住宅に対して行うことが多いです。このため、どんな工事がされているか壊してみないと分からないということも珍しくありません。予定よりも広い範囲を壊さなければならなかったりするため、予算が変わりやすいという一面もあります。
リノベーションを行うには、十分に計画を練って余裕のあるプランを立てる必要があります。
リノベーション

リノベーションは、古い木材などを活かしながら最新の設備を用いることができるため、多くの人から注目されています。
しかし、中古物件を取り扱うため、建物の状態やその土地に詳しくなければいけません。リノベーションを行う、またはリノベーションありきで中古物件を購入する方は専門家に相談しながらプランを練ることをおすすめします。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!