不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

固定資産税

固定資産税

これで把握できる! 固定資産税の算出方法をお届け!
固定資産税とは、毎年1月1日に土地や家屋などの固定資産の所有者に対してかかる地方税を指します。各地域の市町村などが課税するものですが、東京都の場合は、特例で都が課税します。
課税の対象となるのは、土地・家屋・償却資産が当たります。

固定資産税の算出方法

固定資産税の算出方法
固定資産税には、家屋にかかる税金と土地にかかる税金の2つがあります。その算出する方法についても異なってきますので、以下に説明していきます。

【家屋の固定資産税 算出法】

固定資産税は、土地の評価額などを加味した上で計算します。実際にいくらになるかは各自治体によって異なってきますが、国土交通省が定める土地の公的価格や家屋の時価の約70%になるとされています。
各自治体は、3年に1度のペースで固定資産税の評価額の見直しを行います。

固定資産税の評価額に標準税率を加えたものが、家屋の固定資産税になります。標準税率は、基本的に1.4%です。ただし、自治体の財政状況などによって多少の上下があるため、必ずしも一定ではありません。

家屋の固定資産税の算出式は以下の通りになります。

家屋の固定資産税 = 固定資産税評価額 × 標準税率

例えば固定資産税評価額が800万円だった場合は以下の通りです。
800(万円) × 0.014(1.4%)= 11.2(万円)

となります。

【土地の固定資産税 算出法】
土地の固定資産税を算出する上で重要となる以下の項目です。

・土地評価額
家屋の固定資産税を計算するのと同様、各自治体によって評価額が変動します。土地の固定資産税を算出する場合には、前年度と本年度の分がかかわってきます。

・標準税率
家屋の固定資産税と同様のものです。基本的には1.4%になります。

・軽減措置
軽減措置には、2つの基準があります。それらは以下の通りです。

●小規模住宅用地
住宅1戸当たり200㎡までの部分を小規模住宅用地と言います。課税標準額が1/6に軽減されます。

●一般住宅用地
住宅1戸当たり200㎡を超える家屋を、一般住宅用地と言います。課税標準額が1/3に軽減されます。上限は家屋の床面積の10倍の面積までとなります。

土地に関する固定資産税の算出方法は以下の手順が必要です。

土地の固定資産税 = 前年度土地評価額 + (本年度土地評価額 × 軽減措置)× 標準税

土地の固定資産税 = 前年度土地評価額 + (本年度土地評価額 × 軽減措置)× 標準税
例えば、土地の面積が180㎡で前年度の土地評価額が500万円、本年度の土地の評価額が600万円だとします。この場合は、小規模住宅用地にあたり、1/6の課税標準額の軽減が適用されるので、以下の計算式となります。

{500(万円) + 600(万円) × 1/6} × 0.014(1.4%)= 8.4 (万円)

前述した通り、固定資産税は各市区町村によって異なる可能性があります。ですが、今回の計算方法を利用して算出することができます。不動産投資を検討されている方にとっては、固定資産税を把握することは大切なことだと言えるでしょう。

「固定資産税」の関連記事一覧

不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!