不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

不動産取得税

不動産取得税

不動産取得税の還付金を受け取って上手な資産運用を!
賃貸用や投資目的でアパートやマンション、戸建て住宅といった不動産を取得すると「不動産所得税」という税金を支払う義務が発生します。
しかし、場合によっては不動産所得税を支払い過ぎているというケースがあります。そうした際には、必要書類を揃えて手続きを行うだけで還付されます。

不動産所得税とは

不動産所得税とは
不動産所得税とは、土地や家屋を購入したり建築したりして不動産を取得した際に支払う地方税のことです。不動産所得税の課税対象となる行為は以下の通りになります。

●不動産の売買
●住宅などの新築、増改築
●不動産の贈与
●不動産の交換

納税方法は、取得後半年から1年半の間に各都道府県から届く「納税通知書」を使用して金融機関で納付します。納期自体は各都道府県によって異なりますので、対象となる住宅を所有している場合にはお近くの自治体に確認されると良いでしょう。

不動産取得税の還付を受ける手順

・「不動産取得申告」の提出
まずは不動産を取得した日から60日以内に不動産取得申告を、不動産所在地の市役所・町村役場などに提出します。
ただし、上記した「60日」というのは「実際に不動産を取得した日時」が基準になります。登記の書き換えなどを手続きした日ではありません。

・納税通知書を受け取る
前述した通り、納税を行う際には県税事務所などから納税通知書が届きます。この書類に従って税金を支払う必要がでてくるのです。

・必要な書類を揃える
不動産取得税の還付を行うためには、必要な書類がいくつかあります。それは以下の通りです。

●不動産取得申告書(不動産取得報告書)
●不動産取得税還付(減税)申請書
●印鑑
●土地の売買契約書のコピー
●住宅の登記を証明する書類

上2つの書類については、市町村の役場などでもらえます。また自治体によっては公式ホームページなどからもダウンロードが可能です。

・不動産取得税還付(減税)を申請
書類を揃えた後は、地方自治体に不動産取得税還付の申請書を提出します。その後、口座振り込みか金融機関の窓口で還付金を受け取ることができます。

不動産取得の免税額

不動産取得の免税額
不動産取得税が減額される場合にはいくつかの要件が必要となります。以下に記したいずれかのケースには、1,200万円の控除を受けられます。

・床面積50㎡(戸建以外の賃貸用住宅の場合は40㎡)以上、240㎡以下の住宅を新築(もしくは増築、改築)したとき
・上と同じ床面積内の新築で未使用な住宅を購入したとき

また以下の要件を満たした中古住宅を「耐震基準適合既存住宅」と呼び、以下の金額が控除されることになります。

・床面積50㎡以上240㎡以下の住宅
・取得者自身が居住する住宅
・昭和57年1月1日以降に新築された住宅

【軽減額】
不動産取得税の還付金を受け取って上手な資産運用を!

以上が不動産取得税の還付に関する説明です。中古物件以外にも、自治体によって還付金を受け取る条件が異なります。
不動産投資を行っている方には、少しでも控除を受けることが投資を成功に導く方法です。上手に不動産投資の控除を利用して、還付金を受け取り、物件のメンテナンス費や、次の不動産投資への資金に充ててはいかがでしょうか。

「不動産取得税」の関連記事一覧

不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!