不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

瑕疵担保責任

瑕疵担保責任

不動産売買の重要ワード! 「瑕疵担保責任」の意味と行使期間は
瑕疵担保責任とは不動産売買の契約の際に、買主のリスクを減らせる制度です。今回は瑕疵に対する考え方や、売主が知っておくべき瑕疵担保責任の期間などについてまとめました。不動産投資を行う上で知っておきたい用語です。どうぞ参考にしてください。

瑕疵(かし)担保責任

瑕疵(かし)担保責任
瑕疵担保責任とは、売主が不動産を売却する際に「隠れた瑕疵」がある場合、売主が買主に対して保証する責任を持つことを指します。
瑕疵とは一般的に注意しても発見できないような不具合や、知らないことに過失のない場合の不具合のことを指します。

不動産の売買契約を結ぶ際、不動産の値段に影響するため、売主側から住宅の悪い状況や欠点を相手に知らせることは少ないです。購入者が一般の消費者だった場合には、不動産に関して豊富な知識を持っていることは少ないため、トラブルや被害を招いてしまうこともあります。トラブルを回避するためにも、瑕疵担保責任について理解されてはいかがでしょうか。今回は隠れた瑕疵の具体例や瑕疵担保責任の期間についてまとめました。

「隠れた瑕疵」とはどんなもの?

前述した通り、瑕疵は欠陥や不具合・通常通りに機能しない状況などを指します。実際に住宅を購入した後、瑕疵として認定された例について以下に紹介します。

・雨漏りがしている
・シロアリの被害がある
・建物の一部が腐食している
・建物が傾いている
・土地が汚染されている
・土地に障害物が埋まっている
・事故物件だったという心理的欠陥がある

瑕疵として認められるケースはとても範囲が広いです。しかし、その全てに売主が責任を負うという訳ではありません。契約前に説明があった場合や、一目で瑕疵だと分かる場合には買主が納得の上で契約を結んだと認識されます。

瑕疵担保責任の期間

瑕疵担保責任の期間
瑕疵担保責任は、売主と買主の関係や住宅の状況によって期間が変動します。民法上では、「買主が瑕疵を発見してから1年以内」は売主に対して瑕疵担保責任が発生すると定められています。他にも瑕疵担保責任の期間について次のように決まっています。

・契約内容によりますが、中古物件の場合は2ヶ月から半年程度
・新築住宅の場合、基本構造部分(基礎・柱・床など)に関しては10年間の保証
・売主が不動産のケースや不動産などが契約を仲介している場合には期間は2年

以上のように一般的に期間が定められていますが、瑕疵担保責任が問われない場合もあります。契約書内に「瑕疵担保責任を負わない」もしくは「免責する」といった言葉が記載されている場合には、契約後に瑕疵が見つかっても原則として瑕疵担保責任を追及することができません。

「瑕疵担保責任」の関連記事一覧

不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!