不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

容積率

容積率

計算方法は? 物件購入前に知っておきたい「容積率」
容積率とは、「建築物の延べ床面積(各階の床面積の合計)の敷地面積に対する割合」のことを言います。都市計画で定められた「指定容積率」または「前面道路による容積率」によって最高限度が定められています。不動産投資においては、投資する物件が指定容積率を上回った建築物になっていないかを確認するのが大切です。

容積率の計算方法

容積率の計算方法
容積率は以下の計算式で求められます。

容積率=延べ床面積÷敷地面積

延べ床面積とは、その建築物の各階の床面積の合計です。建築基準法における床面積とは外壁や柱の中心線で囲まれた部分(壁芯)の面積を指します。

容積率の限度

容積率の限度
土地に対して建築可能な延べ床面積は、都市計画によって用途地域ごとに決められています。これを「指定容積率」と言い、用途地域との組み合わせに応じて50%から1300%の間で定められています。その地域における具体的な容積率は、行政庁の都市計画課などで調べることができます。

また、敷地の接する道路の幅員が12メートル未満の場合には、「前面道路による容積率」が適用されます。住居地域では「前面道路の幅員×0.4」これ以外の用途地域では「前面道路の幅員×0.6」が原則となっており、指定容積率と比べて低い方の数値が適用されます。

その他関連不動産用語はこちら

「容積率」の関連記事一覧

不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!