不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

仲介手数料

仲介手数料

相場はどのぐらい? 不動産売買における「仲介手数料」
不動産売買や賃貸の際、仲介業者に対して支払うお金のこと。媒介報酬とも言われます。
成功報酬として支払うもののため、契約が成立しなかった場合は、支払う義務はありません。
またケースによっては、もともと仲介手数料を支払う必要がない場合もあります。
不動産業者が売主だった場合仲介手数料は発生しません。

仲介手数料

仲介手数料
不動産売買をする際に仲介業者を利用すると「仲介手数料」が発生します。
賃貸物件などを探す際にも、当然のように耳にする「仲介手数料」ですが、この手数料がどのように決められるかご存じですか?
ここでは、仲介手数料やその上限額などについてご紹介します。

仲介手数料の上限

仲介手数料の上限は法律によって決められています。その範囲内であれば、不動産業者が自由に決めることができますが、一般的には上限いっぱいに設定されることが多いです。
また、売買と賃貸の契約とでは仲介手数料が異なります。

・売買の場合
不動産を売買する場合、不動産の価格を3段階に分けて仲介手数料が計算されます。

売買価格が200万円以下の場合、仲介手数料は5.4%(5% + 消費税)以内
売買価格が200万円超、400万円以下の場合、4.32%(4% + 消費税)以内
売買価格が400万円超の場合、3.24%(3% + 消費税)以内
※売買価格は消費税を含みません

不動産の表示価格は税込みの総額表示です。このため仲介手数料は物件の税抜き価格から計算しなおすようにしましょう。

・賃貸借の場合
賃貸借の場合、賃主・借主の双方から報酬を得ることができます。その合計金額は借賃1月分の1.08倍の金額以内と制限されています。また、一方の依頼者から受ける報酬金額は、賃料1ヵ月分の0.54倍の金額以内と決められています。ただし、依頼者の承諾を得ている場合は0.54倍を上回っても問題ありません。
このように、本来は貸主と借主が折半して支払うことになっていますが、実際は借りる側が全額支払うことが多いです。
これは賃貸契約の際、不動産会社の提示する書類に、「報酬額を支払います」という一文があり、サインすることで“承諾を得ている”という許諾を得た状態になるためです。

仲介手数料の計算方法

1000万円の物件を売買した場合について考えてみましょう。
先に紹介したように、上限が3段階に分かれているため、1つ1つ計算することになります。

・200万円以下
200×5.4%=10.8万円 ……a

・200万円超~400万円以下
200×4.32%=8.64万円 ……b

・400万円超に課税される金額
600×3.24%=19.44万円 ……c

このため、1000万円の不動産に対しかかる手数料は、a・b・cを加算した38.88万円となります。

≪カンタンな計算方法≫
上記の計算を1度で終えられる方法があります。
400万円を超える場合は以下の式で求められます。
仲介手数料 =(売買価格×3.24)+6.48万円
6万円とは、400万円を超える部分に課せられる上限いっぱいの手数料の金額です。
このため、先の1000万円の場合は以下のようになります。
(1000×3.24)+ 6 = 38.88万円

仲介手数料の計算方法

仲介手数料はほとんどが上限いっぱいで計算されています。人気のある物件を仲介業者に依頼する場合は、「仲介手数料を下げてくれたら契約する」と交渉してみるのも良いでしょう。
最近では仲介手数料無料や半額という業者も目にするようになりました。
しかし、仲介手数料が安いだけで選ぶのは注意が必要です。
「業者・営業マンが信頼できるかどうか?」という点も大切なポイントです。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!