不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

住宅ローン

住宅ローン

予期せぬときでも安心! 住宅ローンに欠かせない団体信用生命保険とは
目的が住宅購入に限ったもので金融機関が融資をするローンのことです。多くの人は数千万円かかる住宅購入にこのローンを利用することになります。購入した住宅が担保になり、ローンが返済できない場合は住宅を売却するなどして金融機関への弁済にあてます。

住宅ローン

住宅ローン
住宅ローンは長期に渡って返済していくものです。その過程で不安となるものは返済者の死亡や、予期せぬ出来事で高度障害になり働けなくなることではないでしょうか。ローン返済が滞り家を手放さなければいけなくなる、そんな状況が思い浮かぶことでしょう。
こうしたケースを回避するための保険があります。それが団体信用生命保険です。

団体信用生命保険(団信)

住宅ローンを組む際に民間金融機関が加入を条件とする生命保険です。住宅ローン返済中にローンの返済者が死亡や高度障害の状態に陥ると、生命保険会社から出る保険金でローンの残高を払うことができます。

住宅ローンと団信の関係

団信で不測の事態にはローン返済が免れるわけですが、金融機関はローン返済者が滞りなく返済することを求めています。返済が滞る原因のひとつに病気などでの健康状態の悪化が挙げられます。このためローン借入れの際の団信加入の条件に健康状態が良好であることは必要要素です。さらにはローンの借り換えのときにも健康状態が考慮されます。
健康状態が悪く病気になるリスクが高いと団信でのローン返済の可能性が高くなり、それを避けるため生命保険会社が団信加入を断るケースが考えられます。
住宅ローンの借入れにはその人の信用力の他に、団信に加入するための健康状態の良さも求められるのです。

特約付き団信も

近年では特約付きの団信も数多く出ています。例えば三大疾病保障付きだと、「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」についての保障になります。保険金の支払われ方はそれぞれ異なるので確認が必要です。
特約付きの保険はリスクに備えるという意味では有益で安心を買えるものになります。
ここで注意する点は余分な保険に加入していないかということです。既に加入している保険で死亡や病気で住宅ローン充当分の金額の保険金が出るものであればそれは団信と重複する分、余計な保険と言えるかもしれません。団信でカバーできる分がどこまでかを把握していれば、おのずと無駄な保険の部分が見えてくるでしょう。

特約付き団信も

団体生命保険は一家の大黒柱がいざとなったときに家族を守ることのできる保険です。この保険にすんなり加入するためにも住宅購入希望者は自身の健康に留意することが求められます。
それがこの先の家族の幸せを担っているということを思い留めておくべきでしょう。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!